본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

<W杯サッカー>手をあげて怒った韓国監督…審判、イエローカード

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

パウロ・ベント監督

冷静で表情を表に出さないパウロ・ベント監督がワールドカップ(W杯)本大会では変わった姿を見せた。審判の判定に激しく抗議し、情熱的に試合を指揮した。

サッカー韓国代表のパウロ・ベント監督は2022カタールW杯初戦のウルグアイ戦で審判の判定に強く抗議し、イエローカードを受けた。



韓国は24日、エデュケーション・シティ・スタジアムで行われた2002カタールW杯グループリーグH組第1戦でウルグアイと0-0で引き分けた。

この日、韓国とウルグアイは互いに決定的なゴールチャンスを何度か逃し、接戦を続けた。前半21分、鄭又栄(チョン・ウヨン)がウルグアイ選手にタックルすると、審判は反則を宣言した。

ベント監督は大きな声で手をあげながら抗議した。ボールに先にタッチしたにもかかわらず反則がとられたれたという理由だ。結局、審判はベント監督にイエローカードを出した。

韓国はこの日、孫興ミン(ソン・フンミン)、黄儀助(ファン・ウィジョ)らを筆頭にウルグアイのゴールを何度か脅かしたが、結局ゴールは決められなかった。

ウルグアイにゴールを許すこともなかった。ウルグアイのシュートが2回ゴールポストに弾かれる瞬間もあったが、前半42分、ウルグアイの鋭いスルーパスを鄭又栄(チョン・ウヨン)が防ぐなど激しい防御戦を見せた。

ベント監督は試合後、「全般的にゲーム掌握力がよかった。チームとしてうまく試合を進めた。前半戦は非常によかった」と満足な表情を見せた。李康仁(イ・ガンイン)については「李康仁は素早く前に出ていくパスがよい」とし「カタールで練習する時もそのような部分がよく見られた。練習で守備的にも良い姿を見せた」と評価した。

韓国代表チームは日本時間の28日午後10時、ガーナとグループリーグH組第2戦を行う。


関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기