본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

<W杯サッカー>「草サッカー選手のようだった」…スアレスに相次ぐ嘲弄

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

ルイス・スアレス

「草サッカー選手のようだった」。韓国代表を相手に無気力な試合を見せたウルグアイ代表のFWルイス・スアレス(35、ナシオナル)がサッカー専門家から批判を浴びた。

国際サッカー連盟(FIFA)ランキング14位のウルグアイは24日(日本時間)、ドーハのエデュケーションシティスタジアムで行われた2022カタールワールドカップ(W杯)グループリーグH組第1戦でパウロ・ベント監督(53、ポルトガル)が率いる28位の韓国と接戦し、0-0で引き分けた。

当初は客観的な戦力で上回るウルグアイの勝利が予想されたが、FW陣が韓国の守備に苦戦して沈黙した。FWで先発出場したウルグアイ代表ゴールゲッターのスアレスはシュートチャンスを一度もつかめないほど振るわなかった。活躍を見せられなかったスアレスは後半19分、エディンソン・カバーニ(35、バレンシア)と交代した。

試合後、英国のサッカー専門家ディーン・ソーンダース氏は英サッカーメディアのトークスポルトで「スアレスは長く試合に出られなかったサンデーリーグ(英国の草サッカーリーグ)のアマチュア選手のようだった。ユニホームが体にピチピチになっていた」と指摘した。続いて「スアレスは韓国の2人のセンターバックの間に静かに立っていた。そのおかげで相手のセンターバックは協同守備をした。実際、彼は韓国を助けた格好」と嘲弄した。ソーンダース氏はイングランドプレミアリーグ(EPL)名門リバプールのFW選手だった。

トークスポルトの解説者アレックス・クルック氏は「スアレスは正常なコンディションとは距離があった」と指摘した。サッカー統計専門サイトのスタットマンデイブによると、スアレスは韓国戦で18回のボールタッチしたが、このうち半分の9回もボールを奪われた。パス成功率も50%にすぎず、シュートはなかった。「競技にまともに参加できなかった」という評価を受けた。

満35歳のスアレスはこの日の試合で全力疾走を1回したが、重い体をコントロールできな滑稽な姿だった。全盛期時代に比べて体重がかなり増えたからだ。EPL得点王の姿はなかった。スアレスは2013-14シーズン、リバプールで31ゴールを決めて得点王になった。これをきっかけにバルセロナ(スペイン)に移籍した。

韓国はスアレスと悪縁がある。スアレスは2010南アフリカW杯16強戦で韓国を相手に2得点し、韓国が1-2で敗れた。今年夏まではW杯出場が不透明だった。欧州でプレーするチームを探せなかった。欧州での生活を終えて帰国し、ナシオナル(ウルグアイ)と短期契約をした。引退への道とみられたが、不死鳥のようによみがえり、16試合で8得点4アシストをマークした。

スアレスは希代の「名場面製造機」としても有名だ。ガーナとの南アフリカW杯8強戦では相手のシュートで手で防ぎ、「神の手」事件で話題になった。2018ブラジルW杯では相手DFジョルジョ・キエッリーニ(イタリア)の肩に噛みつく事件で大会を終えた。最後の炎を燃やすために今大会に出たスアレスは、韓国戦での不振を踏んでポルトガルを相手に復活に挑む。


関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기