본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

<W杯サッカー>強烈ミドルシュート放った「MVP」ウルグアイ選手「激しかった…韓国はよくやった」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

ウルグアイのフェデリコ・バルベルデ [FIFA]

ウルグアイのフェデリコ・バルベルデ(レアル・マドリード)は韓国との試合を「激しい試合だった。韓国は本当によくやった」と評価した。バルベルデはこの日後半45分に強烈なミドルシュートを放ってゴールポストに当てた選手だ。

ウルグアイは24日午後(日本時間)、ドーハのエデュケーション・シティ・スタジアムで行われた2022国際サッカー連盟(FIFA)カタールワールドカップ(W杯)グループリーグH組第1戦で韓国と0-0で引き分けた。

バルベルデは試合後、取材陣に「最後には自分たちが主導権を握ったが、結局、引き分けで終わった。前半はボールを奪うのに苦労した」とし「韓国はボールを持って統制しようとするチーム。いくら(守備が)追いついてもスキを探そうとしていた」と振り返った続いて「(シュートが)ゴールポストに弾かれたのは残念だった」とし「うまく蹴れたが、角度がやや外れた」と語った。

この日、バルベルデは両チーム合わせて最も多い3本のシュートを放つなど攻撃的な姿を見せた。こうした活躍で最優秀選手(MVP)にあたる「プレーヤー・オブ・ザ・マッチ」にも選ばれたバルベルデは「無限の栄光だ。夢が実現したようだ」と喜びを表した。


関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기