본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

<W杯サッカー>「キム5人衆が鉄壁守備」…日本メディア、ウルグアイとドローの韓国を評価

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

カタールW杯本大会出場のため15日にサッカー韓国代表チームに合流したDF金敏在(キム・ミンジェ)が練習前にインタビューに応じている。 キム・ヒョンドン記者

2022国際サッカー連盟(FIFA)カタールワールドカップ(W杯)で韓国がウルグアイと0-0で引き分けると、日本メディアはリアルタイムで関連ニュースを報じた。

日刊スポーツは24日、インターネット版記事で「鉄壁守備でウルグアイの攻撃を防いだ」とし、金紋奐(キム・ムンファン、全北)、金敏在(キム・ミンジェ、ナポリ)、金英権(キム・ヨングォン、蔚山)、金珍洙(キム・ジンス、全北)とGK金承奎(キム・スンギュ、アルシャバブ)を含むキム姓5人で守ったと伝えた。

韓国は24日(現地時間)、ドーハののエデュケーション・シティ・スタジアムで行われたカタールW杯グループリーグH組第1戦でウルグアイと0-0で引き分け、勝ち点1を獲得した。

日刊スポーツは、アルゼンチンを2-1で破ったサウジアラビア、前日ドイツに2-1で勝利した日本に続く番狂わせとはならなかったが、韓国は強豪相手に互角に渡り合ったと評価した。

韓国はゴールポストに2回も助けられたが、ペナルティーエリア内で決定的なチャンスを与えない好守備でウルグアイの攻撃を防いだ。

FIFAデータ基準で両チームの有効シュートは「0」だった。統計会社オプタはウルグアイが有効シュート1本、韓国が0本と集計した。

日刊スポーツは、韓国は過去のW杯で南米国家に4敗1分けと振るわなかったが、粘り強く守り切り、ウルグアイとスコアレスドローに持ち込んだ、と分析した。

また、眼窩底骨折で手術を受けてから3週ぶりに実戦でプレーした韓国代表のエース孫興ミン(ソン・フンミン、トッテナム)がフェースガードを着用して出場し、攻守で存在感を示したと好評した。

読売新聞も「ウルグアイの強力攻撃陣に対し、GK金承奎(キム・スンギュ、アルシャバブ)を中心に守備陣が集中を切らさなかった」と伝えた。


関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기