본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

「4年間メスだけ孵化」…オスが消える、ウミガメの災難

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

閑麗海上国立公園に属する紅島周辺海域で発見されたアオウミガメ。国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストとワシントン条約(CITES)により保護されている大型のカメだ。[写真 韓国国立公園公団]

米フロリダ州のフロリダキーズでこの4年間に絶滅危惧種であるウミガメの卵から孵化した子どもがすべてメスだったとの外信報道が出てきた。地球温暖化の影響で海と砂の温度が上昇し、オスのウミガメが消えているという説明だ。

ロイター通信が1日に伝えたところによると、フロリダキーズにあるタートルホスピタルのベット・ジルケルバッハ院長は「フロリダの夏の気温がこの4年間最も高かった。ウミガメの孵化過程を専門的に研究する科学者はこの期間に孵化したウミガメがすべてメスだったという事実を確認した」と話した。

フロリダ州南端のフロリダキーズは赤道近くに位置する。ジルケルバッハ院長は、オーストラリアでは新たに孵化したウミガメの99%がメスという統計もあると伝えた。

受精時に子どもの性別が決まる哺乳類とは違い、ウミガメやワニなど多くのは虫類は卵が孵化する時の温度により子の性別が決まる。

海中を泳いで砂浜に卵を産むウミガメは卵の周辺の砂の温度により孵化する際の性別が決まり、温度が高いほどメスで孵化する確率が高い。報道によるとカメの卵は27.7度以下で孵化すればオス、31度以上で孵化すればメスになる。

フロリダ州マイアミ動物園のタートルホスピタルで働くメリッサ・ロサレス・ロドリゲス氏は「カメが繁殖するのに必要なオスとメスの性比が崩れた。カメの遺伝的多様性が失われ、数年後にはカメの個体数が急激に減るだろう」と懸念する。

ロイター通信によると、フロリダキーズとマイアミのタートルホスピタルは繊維乳頭腫症またはFPとして知られるカメの腫瘍の流行も心配している。他のカメから伝染するこの腫瘍は治療を受けなければ死に至る可能性もある。

ジルケルバッハ院長は気候危機がカメの未来に影響を及ぼし、病気も広がっており、より多くのリハビリセンターが必要だと明らかにした。

絶滅危惧種であるウミガメは地球温暖化による性比不均衡により未来が不透明な状況だ。2018年に生物学学術誌「カレントバイオロジー」に掲載された「環境温暖化とウミガメのメス化」の研究によると、太平洋の若いアオウミガメのメスはオスより少なくとも116倍多かった。メス100個体当たりオスの個体数は約0.86にとどまった。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기