본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国の中間材の中国依存度、G7国家より高い…問題時には大きな衝撃」=韓国経営者総協会

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
韓国の産業生産に必須の中間材だが、対外依存度と中国依存度が主要7カ国(G7)と比較して高いことが分かった。

韓国経営者総協会(経総)が23日に発表した報告書「我が国の中間材対外依存度現況と示唆する点」によれば、韓国総輸入額のうち中間材輸入額が占める比率は50.2%だった。英国(46.9%)、イタリア(46.2%)、ドイツ(44.1%)、フランス(43.3%)、カナダ(43.0%)、日本(40.8%)、米国(38.3%)などG7国家よりも高い水準だった。

中間材輸入比率は総輸入で最終材および1次産品ではない中間材輸入が占める比率を意味する。

特に中間材輸入の中国依存度はG7国家と比較して韓国が飛び抜けて高かった。

G7国家における中間材輸入の中国依存度は日本(21.1%)、米国(13.3%)、カナダ(10.3%)、ドイツ(8.0%)、イタリア(7.3%)、英国(6.4%)、フランス(5.2%)の順だった。日本が唯一20%を上回ったが30%に肉迫した韓国(28.3%)よりは低かった。

特に韓国の過去10年間の輸入上位5カ国(中国・日本・米国・台湾・ベトナム)で中間材輸入依存度を見ると、日本の比率は2010年21.0%から12.8%に減った反面、中国は同期間19.4%から28.3%に増えた。これに伴い、中間材輸入1位国家も2010年日本から2020年中国に入れ替わった。

経総は過去10年間、韓国は中間材輸入の中国依存度が8.9%ポイント高まった反面、G7国家は平均0.8%ポイント高まるのにとどまったとし、海外で中間材生産で問題が発生した場合、高い対外依存度と中国依存度によって国内産業が他の競争国よりも大きな衝撃を受ける可能性があると懸念した。

経総のハ・サンウ経済調査本部長は「グローバルサプライチェーン(供給網)問題やロシア・ウクライナ事態などで原材料価格が急騰したことに加えて、ウォン安が進んで原油のような1次産品や中間材輸入の比率が高い韓国企業の生産費用負担がさらに重くなっている状況」と述べた。

続いて「自国内の企業活動を促進して支援する国際的流れとは違い、韓国は企業の刑事処罰リスクが拡大して規制緩和や企業支援対策が先進国に比べて不足していて国内サプライチェーン構築が一層難しいという指摘が引き続き提起されている」としながら「新政府では根本的な経営環境の改善と合わせて迅速な政策の実行が必要だ」と強調した。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기