본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

<北京五輪>「これまで見たこともない状況」韓国ショートトラック選手も怒った中国の「ブルートゥースタッチ」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

韓国ショートトラック男子代表チーム最年長のクァク・ユンギ

「(このような状況は)これまで一度も見たことがない」。

韓国ショートトラック男子代表チーム最年長のクァク・ユンギ(33)が2022北京冬季オリンピック(五輪)ショートトラック2000メートル混合リレーで優勝した中国代表チーム関連の判定に対して強く発言した。

クァク・ユンギは6日、中国北京首都体育館で公式トレーニングをした後、共同取材区域(ミックスゾーン)で取材を受けて「中国が優勝するまで過程を見ると、悔しくて申し訳ない感情になる。私が夢見た金メダルの座とはこういうものなのかと反問した」と話した。

クァク・ユンギは「韓国代表チームとは関係ない判定だったが、私たちも当事者になり得るという気がした。もし私たちがそのような状況だったらあまりにも悔しすぎるという気持ちになった」と付け加えた。

5日に開かれた混合リレー準決勝で、中国はハンガリー、米国に続き3位で決勝ラインを通過した。2位までが決勝に進出することができるため、優勝候補の中国がBファイナルに落ちるかのように見えた。ところがレースが中断されて約10分間のビデオ判定協議が行われた後、米国とROC(ロシアオリンピック委員会)にペナルティが科された。米国が失格となって中国は2位で決勝に進出し、金メダルまで手にした。

当時中国は決勝ラインまで13周を残して3位だったが、選手交代を試みた。この時、中国の任子威と張雨ティンの間にROC選手が入って妨害した。任子威はそのまま前に滑っていき、結局タッチはしないままだった。

規定上、ロシアのペナルティは明白だった。中国のタッチを邪魔したためだ。米国も曖昧だがライアン・ピビロットがブルーラインを越えたので反則の理由が充分だった。だが、中国の「ブルートゥース交代」も失格として処理されてもおかしくなかった。だが、ホームアドバンテージが適用されたのか、中国にはペナルティが適用されなかった。中国のキム・ソンテ監督は競技後、「判定は審判がすべきこと」と言って言葉を控えた。

クァク・ユンギは「準決勝を見たが(中国、ROC、米国など)3チームは失格になると思った。後ろから見ていたオランダ選手も同じことを話していた」とし「ビデオ判定が長くなり『まさか』と思ったが、受け入れ難い状況が発生した」と話した。

クァク・ユンギは「タッチしない状況のまま競技を続けるのは今まで見たことがない。混合リレーの規則上、半周以上滑った後に交代しなければならない。『他の国が同じような状況だったら決勝に進出できただろうか』と思った」と話した。

中国が判定で有利な状況を作るだろうという展望は開幕前から出てきていた。クァク・ユンギは「仲間と中国選手の間に風がかすめていっても失格するかもしれないと話をしていた」と話した。この発言以降、中国インターネットユーザーがクァク・ユンギのソーシャルメディアを訪問して中傷するコメントを書き込んだ。クァク・ユンギは「中国ファンから応援を受けているところ」としながら堂々と対抗した。クァク・ユンギは「こういうメッセージを受けた経験があるので鈍感なほうだ。もしかして私以外の選手が攻撃を受けるのではないかと思って公開した。後輩が傷つき、萎縮しないようにたくさんの応援をお願いしたい」と話した。

一方、クァク・ユンギは前日混合リレーでパク・チャンヒョクが転倒してメダル獲得に失敗し、選手団の雰囲気が沈んでいると伝えた。クァク・ユンギは「残念な競技だ。事実、理由は本人がよく分かっていると思う」とし「今はどのような話をしても受け入れるのは難しい部分がある。気持ちを楽にしてやることよりも時間を置いて少しずつ一階段ずつ引き上げなければならないと思う」とした。

チーム最年長らしく後輩に対する激励も惜しまなかった。クァク・ユンギは「正直に『終わるまでは終わったわけではない」というありふれた話はしたくない。耐えろと言ってやりたい。『それが(立っている)場所であり、責任感を表現できる場所だ。もっと耐えなければならない」と話した。


関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기