본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

足を失った軍人に「また自ら歩くように」露国防次官のとてつもないお見舞い

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

ロシア国防省のユヌス=ベク・エヴクロフ戦闘教育次官は26日、両足を失う負傷を負ってベッドに横になっているロシア兵士のお見舞いのために病院を訪問した。エヴクロフ次官が「私は必ずあなたがもう一度自ら歩くことができるように願う」と言うと、兵士は多少ぼんやりとした顔で見つめている。[ツイッター キャプチャー]

ロシア国防省次官がウクライナ戦争で両足を失った軍人に不適切な見舞いのコメントをして物議をかもしている。

現地時刻で28日、デイリーメール、デイリー・ミラーなどによると、ロシア国防省のユヌス=ベク・エヴクロフ戦闘教育次官は26日、両足を失う負傷を負って入院したロシア兵士を慰めるために病院を訪れた。

病室に入るやいなや兵士に一手で握手を誘ったエヴクロフ次官は兵士の胸に勲章を付けた後、「私はあなたが自ら歩くことができるように願う」としてお見舞いの言葉を伝えた。このように話しかけるエヴクロフ次官のそばには彼の随行員らや写真・映像を撮影する人々がいた。

エヴクロフ次官の話を聞いた兵士の顔は多少ぼんやりとしているように見えた。これを見たウクライナのネットユーザーは「兵士がおじけづいたようだ」「足がないのに、どのように自ら歩くのか」「ロシア人はおかしなユーモア感覚を持っている」として不適切な発言だったと批判した。

ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領がウクライナ兵士を慰めるために訪問した時に比べられるという指摘もあった。メディアに公開された写真を見れば、ゼレンスキー大統領は兵士とともに写真撮影をしている。ゼレンスキー大統領とウクライナ兵士はみんな笑顔を浮かべている。

一方、ウクライナ側はロシア軍戦死者数が1万6000人以上だと主張している。北大西洋条約機構(NATO)側は7000~1万5000人と推算した。反面、ロシア国防省は戦死者数が1351人だと発表した。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기