본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

ロシア兵士の命の価値は1万円少しだが…ウクライナ「降参すれば500万円与える」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
ロシアがウクライナ戦争で戦死した兵士の家族に約1万円を支払うことを決めた。反面、ウクライナは「ロシア兵士が武器を下ろして降参するなら、完全な赦免とあわせて500万円の補償金を支給する」と明らかにした。

1日、ウクライナ現地メディア「キエフポスト(kyivpost)」はツイッターを通じて「ロシア連邦国防省はウクライナとの戦争で死んだロシア兵士の家族に1万1000ルーブル(約1万1504円)を支給する予定」と伝えた。

ロシアがウクライナで戦死した兵士の家族にわずか1万円を支給することを決めたというニュースが伝わると、世界各国のネット上では「ショッキング」「犠牲に対する代償としてはあまりにもひどいのでは」「ロシア人にとって命の価値は1セットのイヤホンほどしかないのか」と批判の声を出している。

反面、ウクライナはこれ見よがしにロシア兵士の前に「ニンジン」を提示した。

ウクライナ国防相は1日、ツイッターを通じて「我々はロシア兵士に選択の余地を提供する。この不当な戦争で死ぬか、さもなくば報奨をもらうことだ。万一、武器を下ろして自発的に降参するなら完全な赦免と共に500万ルーブル(約517万円)の補償金を受け取ることができる」と明らかにした。

これに関連して米国ABC放送系のテレビ放送局「The denver channel」は「ウクライナがロシア兵士に『平和の献物(peace offering)』としてお金を提供しようとしている」と解釈した。

一方、先月26日、ウクライナ現地メディアなどによると、ウクライナ大統領室顧問のミハイロ・ポドリャク氏は「現在までロシアは3500人を超える兵士を失い、200人は捕虜としてとらえられた」と明らかにした。

ただしロシア国防省は同日、「25日の戦闘過程で敵軍200人以上が死亡し、ロシア軍に犠牲者はなかった」として自国軍隊に死亡者はいないと反論した。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기