본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

上海ディズニーランド、感染者1人のせいで3万人が足止めされ新型コロナ検査

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

※記事内容とは直接関連のない資料写真です。 [Pixabay]

世界最大規模のテーマパークのひとつである中国の上海ディズニーランドで新型コロナウイルス感染者が1人発生し、入場客3万4000人が足止めされた。

米紙ウォール・ストリート・ジャーナルと英紙ガーディアンなどが1日に伝えたところによると、ハロウィン当日の先月31日午後に上海ディズニーランド一時閉鎖措置が下された。上海ディズニーランドは新型コロナウイルス流行後、昨年5月に世界のディズニーランドで最初に営業を再開したところだ。

当時園内にいた入場客数は3万4000人余りだった。彼らは頭上で花火が繰り広げられる夜間に新型コロナウイルス検査を受けるため長い列を作って待機しなければならなかった。

ある観覧客はソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)に投稿し、「ディズニーランドの長い列が新型コロナ検査のためということは想像もできなかった」と伝えた。ディズニーランド関係者によると午後10時30分になって最後の入場客が退出した。

その後、入場客らはバス200台に分乗し、2回目の検査を受けるまで2日間自宅で待機しなければならなかった。合わせてディズニーランドを訪問した約10万人のまた別の入場客も新型コロナウイルス検査を受けなければならない。

この日の騒動は1人の新型コロナウイルス感染者発生から始まったと外信は伝えた。この客は前日ディズニーランド訪問後の帰宅中に病院に運ばれ陽性判定を受けたという。この日検査を受けた3万4000人の客は全員が陰性判定を受けた。

ガーディアンは「ディズニーランドを訪問した1人が後になって新型コロナウイルス陽性判定を受けこのおかしな光景が広がった」と報道した。しかし同紙はこの客が実際にディズニーランドを訪れたのかも不明だと付け加えた。

ディズニーランドは最小3日間閉鎖される予定だ。ディズニーランド側は入場券を払い戻し、営業再開日程が確定すれば通知する計画だ。

ウォール・ストリート・ジャーナルは「爆竹が爆発する間、鼻に検査棒を入れるのを待った入場客は中国政府の強力な『無寛容』政策を経験した直近の事例になった」と指摘した。中国は世界が「ウィズコロナ」に参加する中で「ゼロコロナ」を守り閉鎖的防疫措置を実施している。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기