본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

徐ギョン徳教授「日本サッカーファン、清掃はよくするが歴史的過誤の清算に関心ない」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

徐ギョン徳(ソ・ギョンドク)誠信女子大教授

徐ギョン徳(ソ・ギョンドク)誠信女子大教授がカタールワールドカップ(W杯)で旭日旗応援をした日本サッカーファンに関連して各国メディアに情報提供したと30日、明らかにした。

これに先立ち日本サッカーファンの一部は27日、日本-コスタリカのE組第2戦が行われたアフメド・ビン・アリ・スタジアムの観客席で「旭日旗応援」をした。

徐教授はスポーツメディアだけでなく、AP、AFP、ロイター、ニューヨークタイムズ、ルモンド、タイムズなど世界の主要メディア100カ所にメールで当時の旭日旗応援写真・映像などを添付して告発した。

徐教授は今回のメールで「ロシアW杯に続いてまたも旭日旗応援が行われたが、幸い、競技場安全要員がすぐに出動し、これを制止した」とし「国際サッカー連盟(FIFA)がアジア人だけでなく全世界のサッカーファンを尊重する、極めて適切な措置を取ったと判断する。なぜなら旭日旗はドイツのハーケンクロイツと同じ意味の戦犯旗であるため」と強調した。

徐教授は「特に多くの日本メディアは反省もなく『旭日旗に敏感なのは韓国とFIFAだけ』という内容の記事を出した」とし「やはり日本のサッカーファンは観客席の清掃はよくするが、歴史的過誤に対する清算には全く関心がない」と一喝した。

徐教授は「今回のW杯で発生した旭日旗応援に対するFIFAの公式的な制止により国際的な名分を得ることになった」とし「これを通じて今後、国際オリンピック委員会(IOC)にも持続的に抗議し、オリンピック(五輪)から旭日旗応援が消えるようにする」と明らかにした。


関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기