본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国の徐教授、独ブンデスリーガ全球団に旭日旗問題指摘メール

ⓒ 中央日報日本語版

独ブンデスリーガの応援現場に登場した旭日旗デザインの旗。 徐ギョン徳(ソ・ギョンドク)教授チーム提供

韓国の徐ギョン徳(ソ・ギョンドク)誠信女子大教授が独プロサッカーブンデスリーガの18球団に日本の旭日旗が戦犯旗であることを知らせる内容のメールを送ったと24日、明らかにした。

徐教授は「全世界サッカーファンの注目を受ける欧州4大サッカーリーグから旭日旗使用に関する情報提供をずっと受けてきた」とし「最近、独ブンデスリーガの観客席の応援に旭日旗が堂々と使用された事例があり、全18球団に旭日旗使用の問題点を指摘するメールを送った」と説明した。

メールでは、国際サッカー連盟(FIFA)傘下機関のアジアサッカー連盟(AFC)が、2017年チャンピオンズリーグの予選試合で旭日旗を使用して応援した川崎球団に罰金1万5000ドルを科した事実を指摘した。

また、日本の旭日旗はドイツの「ハーケンクロイツ」と同じ意味の戦犯旗という歴史的事実を説明する映像と、世界的なスポーツ企業が旭日旗のデザインを使用したが戦犯旗であることを認識してからなくした事例も伝えた。

徐教授は「欧州サッカーリーグに旭日旗のデザインが登場したからといって怒るだけでなく、何が問題かを正確に知らせて二度と使用できないようにすることが重要だ」と強調した。

徐教授は近くスペインのラ・リーガ、イタリアのセリエAの全球団にも同じ内容のメールを送る計画という。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기