본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

<W杯サッカー>「優勢だったが…」衝撃のドイツ、「16強見える」歓喜する日本

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

歓呼する日本代表チーム (写真=FIFA SNS)

世界を驚かせる結果だっただけに、当事者の反応の違いも大きかった。一方は動揺を隠せない半面、一方は奇跡のカタルシスから容易には抜け出せない表情だ。

カタールワールドカップ(W杯)で番狂わせが続いている。今度が日本がその主人公になった。日本は23日、ドーハのハリーファ国際スタジアムで行われたE組グループリーグ第1戦でドイツに2-1で勝利した。前半30分にドイツのギュンドアンにPKゴールを許したが、後半に堂安律と浅野拓磨が相次いで得点し、試合をひっくり返した。

当然の勝利を予想していた第1戦で敗れたドイツは沈鬱な雰囲気だ。当初スペインと組1位を争うと予想していたが、不意の一撃を食らって全国が衝撃に包まれた。一方、期待が大きくなかった日本はお祭りムードだ。この日の主要紙の1面は日本の選手らが歓呼する写真で埋まり、他のメディアも一斉にドイツ戦の勝利を伝えた。

ドイツ有力紙ビルトは「理解しがたい場面に直面することになった。(韓国に敗れた)2018年ロシアW杯でもグループリーグで敗退したが、今回も危機を迎えた。さらに次の相手はスペインだ」とし「ドイツは先制PKゴールの後、多くのチャンスを浪費した。失点状況の守備力は納得できない。いま代表チームでどんなことが起きているのか分からない」と批判した。

サッカー専門紙キッカーも「前半戦は非効率的であり、後半戦は欠陥が多かった。80%以上のボール支配率を記録した前半戦にはわずか1得点に終わり、後半戦はチャンスを生かせなかった」とこの日の試合を振り返った。

選手たちのインタビューも伝えた。FWトーマス・ミュラーは「私は依然としてショックを受けている状態」とし「我々は絶対的に優勢だったが、効率性が落ちた。今は自分たちが勝利する方法で次のスペイン戦にアプローチしなければいけない」と話したと、同紙は伝えた。

一方、日本はお祭りムードになっている。日刊スポーツは「日本が先制点を許した試合では過去9戦7敗2分けの勝率0%だったが、この日はドイツを相手に勝利をつかんだ。コスタリカにも勝てば16強進出も見える」とし、熱気を伝えた。

東京スポーツは「渋谷の交差路は大勢のサポーターで大混雑した。男女関係なく抱き合って歓喜した」とし、現場写真と共にこの日の雰囲気を伝えた。


関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기