본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国の有名タレント、実兄夫婦の勧誘で死亡保険8件…納入金だけで14億ウォン

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

タレントのパク・スホンさん

タレントのパク・スホンさんが横領の疑いが持たれている実兄夫婦と法的争いを繰り広げている中、彼らの勧誘で加入した8つの保険の納入額総額が14億ウォン(約1億4000万円)に達することが分かった。保障内容を調べたら、異例に死亡保険に偏っていた。

文化日報によると、パク・スホンさんは2003年7月から2006年、2008年、2013年、2016年、2018年に各種死亡保険に順に加入した。少なくとも月納入額が41万ウォンから多くは500万ウォン水準だった。8つの保険料をすべて足すと、長期間パク・スホンさんは毎月1155万ウォン程度の保険料を納付してきた。

パク・スホンさんが提起した横領事件を捜査しているソウル西部地方検察庁は最近、彼の生命保険関連捜査に本格的に着手した。パク・スホンさん側によると、パク・スホンさん個人名義で加入した6つの保険料の総納入料は12億7000万ウォン余りだった。残りの2つの保険は法人名義で加入し、実兄夫婦の同意なしには正式確認が難しいが、月納入額を基準にこれまで納入した保険料を算出して足してみると、約13億9000万ウォン水準だった。

また、パク・スホンさん側が保険加入性向を分析した結果、死亡保険金の割合が600%に達することが分かった。100%が適正水準だとすると、それより6倍に迫る死亡保険を維持してきたわけだ。

現在、パク・スホンさんは元金の一部損失を甘受し、8つのうち3つの保険を解約した状態だ。法人名義になった残りの2つの保険はパク・スホンさんが任意に手をつけることはできない。兄弟がともに働く間、法人名義の二つの保険に使われた資金がパク・スホンさんの経済活動を通じて発生したものなら、これも横領の余地があるというのが法律専門家の伝言だ。

一方、パク・スホンさんの実兄パク氏は8日、パク・スホンさんの出演料数十億ウォンを横領した疑いで拘束され捜査を受けている。


関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기