본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

グラミー賞を受けられなかったBTS、人種差別のせいだと思ったが…勘違いだった(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

評論家のキム・ホンシク氏を6月7日ソウル永登浦洞にある彼の事務室で会った。パク・サンムン記者

音楽評論家のインタビューシリーズ4回目に大衆文化評論家のキム・ホンシク氏(47)に会った。キム氏は高麗(コリョ)大学で政策学、建国(コングク)大学で文化情報コンテンツ学で博士号を取得し、公共政策の視線で大衆文化現象に注目してきた。韓国放送大賞選定委員、SBS視聴者評価委員を務め、作家・タレント・講演者として活動している。『大衆文化心理の読み取り』『大衆文化心理で読む韓国社会』『K-POPミュージックのDNA』などの著書がある。

K-POPを代表するBTS(防弾少年団)だが、権威のある音楽家から認められていないようだ。一例として、4月BTSは米国グラミー賞にはノミネートされたが、受賞には失敗した。受賞不発の理由についてキム・ホンシク氏はかつての大衆音楽界が若い女性が主軸となるK-POP文化を認めることを拒否しているためだと主張した。「K-POPに対する欧米の主流社会のこのような態度をアジアン差別のような人種問題として受け止める場合が多いが、実際にこれは人種の問題でなくジェンダーの問題」と指摘した。ソウル永登浦区(ヨンドンポク)にあるキム氏の事務室で6月7日インタビューを進めた。

--K-POPを主導するのが女性という観点はどのような意味をもつか。

「K-POPファンダムの主軸を成すのは10~20代女性だ。彼らは購買力や政治権力の面で比較的に弱い集団だ。彼らが今日のK-POP文化を作ってきたため、大衆音楽界の権威者集団では「これは真の音楽でない」と判断してしまうわけだ。女性ファン自分もK-POPに対する非難がジェンダー問題ということに気付いていないようだ。そのため、グラミー受賞を語る時、度々人種的多様性を取り上げる。だが、この観点は適切でない。黒人アーティストもグラミー賞を多く受賞する。国内で権威のある評論家の間でもK-POPが『まともな』音楽として認められるまで非常に長い時間がかかった。BTSが世界的に人気を得てからK-POPというダンスと歌が交わった独特のジャンルという認識が広がった」

--欧米社会と既成世代はなぜK-POPを認めないのか。

「K-POPはSNSとユーチューブを通じて広がった。私たちが通常的に考えてきた、マスメディアに乗って有名になった伝統的な概念の20世紀スターとは成長経路が違う。K-POPに対する多くの無理解や反発がこの違いに起因する。伝統的なマスメディアに馴染んでいる人々、すなわち欧米の欧既成世代の視線から見るとK-POPの台頭は理解できないことであり、認めたくないことだろう。聞いたことも、自国の大衆メディアでは見たこともない韓国歌手が突然どこから登場してビルボードチャート1位を占めるからどういう状況なのか理解できないかもしれない。このため、近くK-POPグループがグラミーを受賞する可能性は小さいと考える。だが、文化の伝播ルートがソーシャルメディアに移っているため、次第に変わると考える。音楽がこれ以上聴覚的だけでなく、視覚的に消費されるデジタルメディア時代でK-POPはものすごい競争力を持っている。K-POPこそ消費者の五感を楽しませることを強調する分野ではないか」

--既存の大衆音楽や他のジャンルとK-POPの違いは何か。

「K-POPが他の音楽ジャンルと最も差別化するのはファンダムだ。K-POPのファンダム文化は過熱し、攻撃的に変質する可能性が大きいが、このような歌手とファンの関係に対する特殊性を考えなければK-POPの特性を理解することができない。K-POPの基本精神はものすごい消費者中心主義だ。英米圏ポップスターは依然としてアーティスト中心だ。歌手が曲をリリースして大衆に『これ私の歌、これが私のダンスです。好きなら聞いて、嫌なら聞かないで』といった態度だ。反面、K-POPはファンたちがどのように反応するかどうかに注意深く気を遣い、心地悪く思うような要素があればすぐに直す準備ができている。K-POPの主導権はファンにあるためだ。K-POPファンはオンラインに集まって自分たちが好きな歌手を自発的に広報する。これは逆にK-POP歌手がファンの好みに合わせて気を遣わなければならないということでもある。そのため、歌詞やミュージックビデオのある部分に対して否定的なフィードバックがあればすぐに該当の部分を修正する場合がある。ある人はK-POP歌手のこのような態度を非難したりもするが、私はこれが非難を浴びるような部分ではないと考える。ただK-POPは作動原理が違うだけだ。K-POPがアーティストを商品のように運用するのがいっそ率直だ。ポップミュージック、だから大衆音楽自体も最初は商業的過ぎるだといってクラシック音楽に比べて蔑まれた。そのため、大衆音楽家も商業的に見えることをはばかってきたが、K-POPは文化圏別に他の大衆が望むサービス、すなわち歌、パフォーマンス、ファンとの疎通などを積極的に喜んで提供する。『大衆音楽』という言葉の定義に最も合致するものだ。つまり、K-POP歌手と企画事務所がファンの需要が何かを把握し、追いつくために絶えず自ら啓発しなければ生き残ることが難しい産業だ」
グラミー賞を受けられなかったBTS、人種差別のせいだと思ったが…勘違いだった(2)

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기