본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓日米外相「北朝鮮の核政策法制化を懸念…核実験に出れば断固とした対応」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
北朝鮮の7回目の核実験が差し迫っているという観測が出ている中、韓日米外相は22日(現地時間)「北朝鮮の核実験の際、強力かつ断固とした対応を取る」ことで意見が一致した。朴振(パク・ジン)外交部長官とアントニー・ブリンケン米国務長官、林芳正外相は同日、ニューヨークで外相会談を行った後、このような内容の共同声明を採択したと国務省が報道資料を通じて明らかにした。3カ国の外相は共同声明で「北朝鮮が核政策に関連して新たに法を採択したことを含め、核使用に関連して北朝鮮が緊張を高め、安定を害するメッセージを出すことに深刻な懸念を表明する」と明らかにした。また、韓半島(朝鮮半島)の非核化という目標達成に向けてともに取り組むことが大事だと強調し、北朝鮮が国連安全保障理事会(安保理)制裁決議案に違反して数回にわたって弾道ミサイルを発射したことを糾弾した。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기