본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

「韓日の溝」で韓日米外務次官共同記者会見取りやめ…米「終戦宣言協議中」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

シャーマン米国務副長官が17日にワシントンの国務省で記者会見をしている。[写真 ワシントン共同取材団]

シャーマン米国務副長官は17日、韓半島(朝鮮半島)の完全な非核化に向けた韓日との対話に「非常に満足」と明らかにした。

韓米が終戦宣言に対する溝を解消したかとの質問には即答を避け、「われわれが互いに協議して調整する時、各国の国益を保障する良い結果が出る」と答えた。

シャーマン副長官はこの日ワシントンで韓国外交部の崔鍾建(チェ・ジョンゴン)第1次官、日本外務省の森健良事務次官との韓日米外務次官協議を終えた後の記者会見でこのように話した。この日の会見には当初崔次官と森事務次官も参加する予定だったが急遽とりやめた。

シャーマン副長官は会見を始めながら「かなり長い間日本と韓国の間で二国間の溝が続いているという点を言及する」とした上で、「そうした意見の違いのひとつによりきょうの記者会見の形式を変えることになった」と話した。

シャーマン副長官は韓日間で起きている不和は「この日の会談内容とは関係がない」と線を引いた。その上で、意見の違いは「引き続き解消されている」と付け加えた。

シャーマン副長官は「それにもかかわらず、きょうは非常に建設的な三者会談をした。(今回のことは)米国と日本、韓国の三者形式がなぜそれほど重要で強力なのかをよく示している」と話した。

その上で「米国と同盟とパートナー間の深くて持続的な関係は米国の最大の強みのひとつ」と強調した。米国の主要同盟である韓日間の和合が米国のインド太平洋戦略で重要だという点を指摘したとみられる。

シャーマン副長官は韓国が提案した終戦宣言協議と関連して細部事項を話せるかとの質問に、「終戦宣言関連の問題に簡単に答えたい。米国は韓国と日本、そして他の同盟とパートナーと韓半島の完全な非核化に向け最善の方法で進めている協議に非常に満足している」と話した。続けて「今後も持続的な協議が行われることを期待する」と付け加えた。

終戦宣言という「各論」の代わりに「韓半島の完全な非核化に向けた協議」に満足しているという包括的な返事を出したのだ。

「このタイミングで終戦を宣言するのに賛成するか反対するか」という、より直接的な質問にもシャーマン副長官は「終戦宣言と関連してはわれわれの中で、そして他の同盟とパートナーと良い協議をしており、今後もそうするだろう」と話した。

終戦宣言と関連して韓米間の溝が解消されたのか、近く発表があるのかに対する質問には「韓国と日本、他の利害関係のある同盟とパートナーとの協議と調整が進行中」とだけ答えた。

サリバン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は先月26日に終戦宣言協議と関連し「われわれはそれぞれの措置に向けた正確な順序や時期、条件にやや異なる観点を持っているかも知れない」と話し、韓米間で温度差があることを示唆した。

約3週間が過ぎた14日、崔次官はワシントンDC到着直後に終戦宣言議論と関連して近く「良い結果」があるだろうと言及した。これに対する質問にシャーマン副長官は「われわれが互いに協議して調整する時はいつも平和と安定において各国の国益と世界の利益を保障する良い結果を出すと信じる」と答えた。

北朝鮮のミサイル発射と関連した韓米日の対応に対する質問には「日本と韓国、米国はいずれも北朝鮮が発射してはならないミサイルを発射したことに対し制裁を科す国連安全保障理事会決議を順守する必要があることに同意しているという点に疑う余地はない」と話した。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기