본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

「与党大統領候補疑惑」情報提供者の死亡に野党「映画『アシュラ』現実版」=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
韓国与党・共に民主党の李在明(イ・ジェミョン)大統領候補の「弁護士費代納疑惑」を最初に提起した情報提供者イ氏が12日、遺体で発見されたことを受け、野党は「強引に大統領をつくろうとして無辜の犠牲が続いている」と主張した。

最大野党・国民の力の尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領選候補はこの日、記者らと会い、「検察が徹底的に取り調べて、無念の死をなくすべきではないかと考える」と述べた。李俊錫(イ・ジュンソク)代表はフェイスブックに「李候補がこの方についてどんな言葉を述べるのか期待もしない」とし「みんなが見守って憤怒しよう」とコメントした。洪準杓(ホン・ジュンピョ)議員もフェイスブックに「自殺なのか、『自殺偽装他殺』か分からない李候補関連事件の主要証人がまた死亡した。偶然にしても実に奇異な偶然の連続」と書いた。

金起ヒョン(キム・ギヒョン)院内代表をはじめとする国民の力の議員らは大検察庁(最高検察庁)を抗議訪問し、「間接殺人」と声を高めた。金院内代表は「すでに3人目の死だ。映画『アシュラ』の現実版を見るようでぞっとする」と述べた。続いて検察に向けて「胴に対する捜査はせず公益情報提供者に圧力を加えて無実の罪に追い込んだ」と批判した。

正義党と国民の党も加勢した。正義党選対委の張恵英(チャン・ヘヨン)首席報道官は「検察が捜査に着手した後、何一つまともに明らかになったものはなく、重要情報提供者の突然の死亡ばかりが聞かれる」とし「大庄洞(デジャンドン)ゲートと弁護士費代納疑惑に対する徹底的な真実究明を求める」と述べた。国民の党選対委のアン・ヘジン報道官は「当の李候補は何も知らないと言って卑劣な笑みを浮かべ、空手形ばかりを乱発している。今からでも徹底的な捜査ですべての犯罪行為を一つ一つ明らかにし、崩れた正義と公正、底まで落ちたこの国の品格を正しく立て直してほしい」と強調した。

半面、李在明候補はこの日、記者らに「とにかく亡人に対しては気の毒であり、冥福を祈る」と語った。そして「立場は我々の選対委が出したものがあれば参考してほしい」とだけ話した。

民主党選対委の公報団は論評で「まずは故人の残念な死に弔意を表す」としながらも「国民の力はイ氏の死亡に関連してあたかも待っていたかのようにマタドール(宣伝)性の主張をしている」と反論した。続いて「国民の力の主張は一考の価値もない。李候補は故人といかなる関係もないという点を明らかにする」とし「正確な死因が明らかになるまでいかなる政治的攻勢も自制することを求める」とも述べた。公報団は司法当局に対し「故人の死因を迅速かつ徹底的に究明し、疑惑を完全になくすべき」とし、メディアには「故人は昨年、李候補に対して『弁護士費代納疑惑』という虚偽主張で告発された『代納録音操作疑惑』の当事者だ」と主張した。

関連記事

この記事を読んで…

政治 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기