본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国与党大統領選候補の李在明氏「日本は友邦国家なのか」発言に 日本メディア懸念

ⓒ 中央日報日本語版

韓国与党「共に民主党」大統領候補の李在明(イ・ジェミョン)氏

韓国与党「共に民主党」大統領候補の李在明(イ・ジェミョン)氏が10日、日本に対して「日本はどんな時でも信用することができる完全な友邦国家なのか」と発言したことについて日本メディアが懸念を示した。

李氏は10日、寛勲(クァンフン)クラブ討論会で韓日米3角軍事同盟について「当然反対する」と明言し、「米国と軍事同盟を結んでいるが日本を入れるのは慎重に考慮すべき問題」と明らかにした。続いて「では日本はどんな時でも信用することができる完全な友邦国家なのか」とし「独島(トクド、日本名・竹島)は歴史的に韓国の領土であることは明らかなのに、繰り返し日本が問題提起をするのはいつかトリップワイヤーにする可能性があるのではないかと考える」と付け加えた。

これについて共同通信は11日、李氏は「(日本に対して)警戒心を緩めてはいけない」と語り、過去にも「日本の大陸進出の夢が武力的に噴出するときに備えなくてはいけない」と述べたことがあり、改めて日本への不信感が浮き彫りになったと指摘している。

またNHKは、李氏が「領土や過去の問題が整理され、永続的に交流し共存する関係になるなら別だが、今のように日本が領土問題などにあいまいな態度を取るのを見ると、3か国の軍事同盟は非常に危険だ」と述べたことについて、「日本に対して厳しい姿勢を示した」と懸念した。

毎日新聞も「(李氏は)これまでも慰安婦や徴用工問題で冷え込む日本との関係を巡り強硬な発言が目立つ」と評価した。

関連記事

この記事を読んで…

政治 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기