본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

終戦宣言、無料はないという米国…「いつでも取り消し」容易にみる韓国(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

文在寅(ムン・ジェイン)大統領は2018年9月の米FOXニュースのインタビューで「終戦宣言は政治的宣言にすぎない」とし、いつでも取り消すことが可能という余地を残した。しかしバイデン米政権は終戦宣言の拘束力と法的効力を重く受け止める雰囲気だ。 [青瓦台提供]

「韓国の終戦宣言提案を含め、さまざまなアイデアと構想を検討するために協力することを期待する」。

24日にソウルで行われた韓米の北朝鮮核問題首席代表協議の後、米国務省のソン・キム北朝鮮政策特別代表が述べた言葉だ。外交的修辞を除いてみると、北朝鮮を相手に終戦宣言ばかりでなく他の構想もすべきという意味であり、韓国の終戦宣言提案自体を受け入れるかどうかの内容も抜けている。文在寅(ムン・ジェイン)政権が任期末に総力を挙げる終戦宣言に対して米国の立場は事実上まだないとみられる。

◆終戦宣言めぐる韓米の温度差

これは根本的に終戦宣言の「重み」に対する韓米の考え方の違いによる現象だ。「終戦宣言は政治的な宣言にすぎず、いつでも取り消すことができる」(文在寅大統領、2018年9月の米FOXニュースのインタビュー)という韓国政府の立場とは違い、バイデン政権は終戦宣言の実質的な波及力と法的効力を重く受け止める雰囲気だ。

外交筋は「米国は終戦宣言の必要性について『十分に理解する』という基本立場を維持しているが、それと同時に終戦宣言が今後の米朝交渉や北制裁に影響を及ぼす状況を憂慮するのも事実」とし「北を対話テーブルに引き出すための手段として活用するには終戦宣言の拘束力は大きく、意図せぬ副作用を招くおそれがあるという見方がある」と伝えた。米国は韓国政府のいわゆる「終戦宣言入口論」に対して着眼点には共感しながらも、懸念を払拭することはできないということだ。

政府は北朝鮮が米国に向けて敵対視政策の撤回を要求してきた点を挙げながら、終戦宣言がこうした不信感を解消して対話を再開する「呼び水」になる可能性があるとうい点で、米国を集中的に説得している。また、法的・規範的な拘束力がないため米国が大きな負担を感じる必要もないと話す。

◆「対話再開モメンタム」vs「無料はない」

韓国外交部の魯圭悳(ノ・ギュドク)韓半島平和交渉本部長は25日、国家安保戦略研究院「NKフォーラム」の基調発表で、「終戦宣言は敵対視政策がないということを最も象徴的に見せる措置といえる。北側との対話再開の重要なモメンタムになると信じる」という立場をまた強調した。

しかしワシントンの雰囲気は全く違う。ワシントンの代表的な外交情報誌「ネルソンリポート」は22日(現地時間)のリポートで、終戦宣言に対する米国外交・安保専門家の多数の意見を伝えた。

「終戦宣言は無料ではない。米国の拡大抑止および不拡散努力が阻害されかねず、北朝鮮や中国など連合訓練や(韓米同盟の)徹底的な準備態勢に反対する側に口実を与えたり期待を抱かせたりする」「終戦宣言が発効すれば北朝鮮はまず在韓米軍と韓米同盟が終わったと大々的に宣伝するだろう。結局、戦争が『終了』すれば、米軍や同盟がなぜ必要なのか。北朝鮮はこれを楽しむはずだ」という内容だった。

北朝鮮が終戦宣言を宣伝扇動に悪用する可能性が高いとみているのだ。これは韓国政府の主張とは違い、ひとまず米国が北朝鮮と同等な国家対国家として終戦宣言をする場合、事実上協定などと変わらない波及力を持つという問題意識に基づくものだ。
終戦宣言、無料はないという米国…「いつでも取り消し」容易にみる韓国(2)

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기