본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

【中央時評】あぁ!イカゲーム=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
韓国のウェブドラマ『イカゲーム』の世界的人気が熱い。世界の小さな村の大人と子どももあちこちで参加する。21世紀の韓国文化のひとつの凱歌に違いない。

最近になって韓国文化の世界進出は輝かしい段階を超えいつの間にか日常になっているようだ。驚くほどの成果にも全く驚かない、とても驚くべき状況が私たちの目の前で繰り広げられているのだ。歌手BTS(防弾少年団)の世界的人気、映画『パラサイト』のアカデミー作品賞受賞、女優ユン・ヨジョンのアカデミー助演賞をはじめ、K-POPと韓国料理、ドラマを含んだ韓流熱風といっても良いほどだ。文化に先立ち経済と技術の半導体、スマートフォン、自動車、バッテリー、テレビ、家電、造船、鉄鋼、原発、石油化学部門の韓国の技術と製品はすでに世界市場を掌握したり世界最高水準だ。これらすべてが戦後の短い期間で成し遂げられたことを考慮するならばひとつの奇跡的成果であるのは明らかだ。韓国人は明らかに汗の凝縮と爆発、時間の集中と圧縮、非同時的夢の同時的成果で達人ではないかと思う。

しかし問題は全体がすべてではないという点だ。個人を見なければ絶対にならない。『イカゲーム』も成果を可能にした中身を見れば話は全く変わる。およそ芸術と文化は現実を超越するよりは現実を反映する時に意味がさらにはっきりする。そんな時、『イカゲーム』の成功を担保したその内容――劇の構図、展開、反転、帰結を含め――は十分に衝撃的だ。

多くの人が命をかけたデスゲームに追いやられるほど、いや自らデスゲームを選択するほどの極限状況に置かれている韓国のこの現実だ。そして韓国の実際の現実を形象化したその内容のために世界が熱狂するという点こそ私たちを限りなく複雑でもどかしくする。この社会の実際の断面を描き出した『パラサイト』も『アシュラ』も同じだ。現実はドラマよりも劇的だ。作品中の事件と場面とゲームは韓国社会の現実の加減ない表出であるためだ。

いっそ『イカゲーム』にでも参加したい多くの人たちの最終選択、すなわち韓国社会の世界最長・最高・最悪水準の自殺率はもうこれ以上強調することすら恐ろしい。同じ世界最長・最低・最悪水準の出生率はまたどうなのか。だれも想像できなかった0%台の出生率を世界で初めて実現したのに続きさらに地獄の下へと行進中だ。

双子の悪の金メダルを下ろすとは思えないこの国は、学校が、村が、地方が急に消滅していきつつあるのに反省も変化もない。道は全体の人たちそれぞれの問題をともに解決する政治の公正性にある。個人がデスゲームを選択せず住みやすい公正な国が先だ。人類のある先賢は「刀で人を殺すのと政治で人を殺すのに異なる点はない」(殺人以梃與刃、有以異乎? 無以異也)と話す。民主化後の自殺総計が韓国戦争(朝鮮戦争)時の戦闘死亡者を断然圧倒するという点だけ話そうと思う。それが韓国の民主主義のある姿だ。

青年・高齢者・弱者には『イカゲーム』以前に韓国での生存そのものがデスゲームかもしれない。まだ若い20代の資産格差は上位・下位20%で35倍に達する。セウォル号事故を契機に生命尊重を約束したにもかかわらず海上事故件数と死者数ははるかに増えた。朴槿恵(パク・クネ)政権4年で1823人、年平均456人。文在寅(ムン・ジェイン)政権4年で2078人、年平均520人。後者はセウォル号事故がなかったことを考慮すれば急増は驚くほどだ。

政治が公正でなければ他のものが公正なはずがない。政治が国の法と規則を決めるためだ。民主共和国の概念と制度を作った知恵が一致して強調した点だ。公正はすなわち比例をいう。そうする時に実際の得票=民意と相反する権力独占と勝者独占に照らし、韓国の帝王的大統領制と大統領選挙は絶対不公正に近接する、先進民主国家のうち最悪の不公正事例に属する。この制度と過程の廃止のない公正議論は万事が虚構だ。

公正性のため連動性と多党制と比例性を高めると公言した議会選挙制度改革は大統領選挙ほどに不公正な制度に改悪された。民主国家で初めての衛星政党設立を含め現在の第1党は得票率と議席率格差で民主化以降圧倒的な最悪の不公正を記録した結果だ。民意の不公正な歪曲で巨大両党の議席占有率もやはり民主化以降で最大だ。

ひとりひとりを代表する選挙と政治の指標が不公正そのものなのに、すべての人に向けた公正な競争と教育、経済と社会を作ると? 人類の歴史に照らしてそれは絶対に不可能だ。『イカゲーム』が見せた残酷なデスゲームを終息させるには国の根本的な枠組みを先に変えなければならない。

『イカゲーム2』は『イカゲーム1』とは正反対の内容を盛り込むようにしてみよう。そして、ノーベル文学賞を受賞したパール・バックが最も愛した韓国を取り上げた大作『生きている葦』で2回も感動的に言及した、韓国を「高貴な人たちが暮らす宝石のような国」「地球上の宝のような国」にしてみよう。人が高貴でないならば国は決して宝石であるはずがない。

パク・ミョンリム/延世(ヨンセ)大学教授・政治学

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기