본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国ドラマ『イカゲーム』恐怖のヨンヒ、どこにあるかと思ったら…博物館に保管

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

Netflix(ネットフリックス)ドラマ『イカゲーム』で最初の鬼ごっこゲームの鬼人形として登場した別名「ヨンヒ人形」がドラマ撮影が終わった後、忠清北道鎮川(チュンチョンブクド・ジンチョン)のある博物館に保管されていることが確認された。あるオンライン掲示板に投稿された鎮川馬車博物館体験村に立っているヨンヒ人形。この人形は27日から非公開となっている。[写真 オンライン コミュニティ キャプチャー]

Netflix(ネットフリックス)で世界的な人気を集めているドラマ『イカゲーム』の「ヨンヒ人形」は現在、忠清北道鎮川(チュンチョンブクド・ジンチョン)のある博物館に保管中であることが27日、確認された。

ただし博物館側は製作スタッフと協議なく人形を公開してことから、再び非公開に転換したという。

この日午後、鎮川の馬車博物館体験村の関係者は中央日報の電話インタビューで、該当の人形をこの日から非公開にしたと伝えた。人形を製作した会社がドラマの撮影が終わった後、この人形を普段から懇意にしていた博物館に保管したが、博物館はドラマ放映後、製作会社側との協議を経ずに人形を公開した。これについてネット上では「人形の実物を見てきた」という趣旨の後記が投稿されたりもした。博物館側は隠してほしいという製作会社側の要請を受け入れて非公開にすることにした。

この人形はドラマ『イカゲーム』の最初のゲームである鬼ごっこ「ムクゲ花が咲きました」(日本で「だるまさんが転んだ」に似た遊び)を進める鬼人形として登場する。鬼ごっこのルールは同じだ。人形が振り返った時に動けば脱落だ。しかしドラマでは人形の目が参加者の動作を感知するようになっていて、誰かが動けばそれに反応して銃で射殺するように設計されている。

ファン・ドンヒョク監督が1980年代の教科書に登場する「ヨンヒ」の姿からインスピレーションを得たと明らかにしたヨンヒ人形は、海外でも「恐怖の人形」として関心を集めている。

俳優イ・ジョンジェ、パク・ヘスらが出演しているドラマ『イカゲーム』は参加者456人が優勝賞金456億ウォン(約43億円)をかけてサバイバルゲームを行う内容を描いている。17日に公開された後、韓国ドラマで初めて「Netflix人気テレビショー」部門の世界1位を記録した。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기