본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

IS-Kによるテロで約100人死亡…「阿鼻叫喚」カブール(1)

ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版
アフガニスタンのカブール国際空港での連鎖テロで、アフガニスタン事態が解決が難しい「高次方程式」になっている。追加テロの可能性に対する憂慮とともに、予想されたテロ攻撃を防げなかったという指摘も出ている。バイデン米大統領は報復を明らかにしたが、今月末にアフガニスタン軍の撤収デッドラインを控えていて報復は容易ではない状況だ。今回のテロを主導したイスラム国ホラサン州(IS-K)はタリバンとも対立する武装勢力として知られ、アフガニスタン内のテロ組織の勢力拡張が及ぼす影響に国際社会が注目している。

米ワシントンでは「米国の立場ではアフガニスタンからの軍撤収終盤に不意打ちを食らった格好」とし「追われるようにアフガニスタンを離れる姿のため、そうでなくとも体裁が悪いバイデン政権に対し、国内外の非難がさらに強まるはず」という評価が出ている。

カブールのテロ現場はまさに「阿鼻叫喚」だった。ウォールストリートジャーナル(WSJ)は26日(現地時間)、カブール空港の南東側アビーゲートと付近のバロンホテルで発生した2度の爆発による死者が米軍13人を含めて103人に増えたと報じた。負傷者も米軍が18人、アフガニスタン人が150人を超える。米国が定めたアフガニスタン撤収期間(8月31日)を5日後に控えて発生した最悪の惨事でカブールは生き地獄に変わった。現地メディアによると、カブールでは人々の悲鳴と救急車のサイレンの音が響き、米軍の戦闘機が何度も出動して空に緊張感が漂い、地面には犠牲者が流した血があちこちで見られるという。

爆弾テロで生き残ったある市民は「トルネードにビニール袋が巻き込まれるように死体と身体の部位が空中に飛び散った。地球最後の日のようだった」とロイター通信に目撃談を伝えた。別の生存者は「アビーゲートで10時間も列をつくって待っている間、爆発が発生し、鼓膜が破れるのような痛みが感じられた後、音が何も聞こえなくなった。空中に吹き飛ばされ、気がついたらあちこちに人々が倒れていた」と話した。

ある目撃者は米FOXニュースに「爆発は群衆の中で発生した」とし「多くの人が負傷し、私は子どもを連れていた。5歳の子が私の懐の中で死んだ」と涙声で伝えた。また「何が起きたのか分からなかった。多くの米国人も負傷したようだった」と証言した。この目撃者は「負傷者を乗せて病院に向かう途中」と話した。爆弾テロが発生した現場には子どもや女性も多かったいう。

◆「予想されたテロ、なぜ防げなかったのか」

ソーシャルメディア(SNS)には残酷な現場の状況が次々と載せられた。写真や映像によると、路上には遺体と負傷者が倒れていて、下水道と溝は血で赤く染まり、旅行かばんや衣類が暴風に巻き込まれたような状況だった。

カブール救急病院はすでに飽和状態だ。医療非営利機関(NGO)の関係者は「病院はカブール爆発前にすでに80%が埋まっていた。空港から運ばれてくる負傷者を受け入れるために病院が追加病床を準備している」と伝えた。

カブールはさらなるテロの恐怖のため非常状態だ。マッケンジー米中部司令官は26日の記者会見で「ISの脅威は実在する」とし「空港を狙ったロケット攻撃、車両爆弾攻撃などISの追加攻撃の可能性に対応して警戒態勢に入った」と述べた。また「タリバンとも協力している」と明らかにした。米国務省は現在カブール現地に残っている米国人を約1000人と推定されると明らかにした。そのほか米国大使館の現地職員など特別移民資格を持つアフガニスタン人も退避を待っている。

米国防総省はカブール空港でのテロが「複合的な方式」で発生したと説明し、2人の自爆テロ犯と武装勢力の数人が今回の事件に関与したと伝えた。マッケンジー米中部司令官は国防総省のブリーフィングで「現在までの推定」であることを前提に、「テロ犯がアビーゲートを通過して米軍が身体検査をする過程で爆弾チョッキを爆発させたとみられる」とし「爆弾は空港内部まで搬入されず、攻撃が発生したところはゲートの接点だったようだ」と話した。

英スカイニュースは現地特派員発で「テロ犯はアビーゲートの前の排水路側に集まっていたアフガニスタン人を狙っていたとみられる」と分析した。それだけ民間人の被害が大きかったからだ。当初、アビーゲートの前にはアフガニスタンから脱け出すことを希望して待機する数千人のアフガニスタン人が集まっていた。
IS-Kによるテロで約100人死亡…「阿鼻叫喚」カブール(2)

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기