본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

タイ都心のサルの群れ乱闘劇…民家も襲撃

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

29日外信によると、4日前に「サルの都市」として有名なタイ中南部ロッブリー県の都心で数百匹のサルの群れが集団間で乱闘劇を繰り広げた。[写真 YouTube キャプチャー]

タイの都心の真ん中でサルの群れが集団でけんかを始め、交通が麻ひする事態が発生した。新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)のため、サルにエサをやっていた観光客の足が途絶え、食糧が不足したことによる勢力争いだとみられる。

29日、タイラットなど現地メディアによると、4日前、「サルの都市」で有名なタイ中南部ロッブリー県の都心で数百匹のサルの群れが集団乱闘劇を繰り広げた。序盤は互いをにらみ合って対立していたサルたちは、ほどなく車道になだれ込み、奇声をあげんがら取っ組み合いのけんかを始めた。

道路を通過する自動車やバイクがクラクションを鳴らしはするものの、サルには気にもとめない様子だった。すぐに交通が麻ひし、ドライバーは約5分間、おびえたようにサルの乱闘が終わることをひたすら待った。ただ乱闘劇の最中にも、サルが車両やバイクを攻撃したり人に害を及ぼしたりすることはなかったという。

あるドライバーは「サルがもう人の言うことを聞かなくなった。クラクションを鳴らしても気にしなくなった」とし「乱闘が終わった後、数匹は血を流して道路にあちこちに横たわったままだった」と明らかにした。

現地メディアはこれらのサルの群れがそれぞれ観光名所である寺院に住む群れと廃墟となった映画館を中心に活動する群れだと推定した。これらのサルは昨年3月にも一度、激しく争ったことがある。2つの群れが勢力争いを繰り広げると、現地メディアは「猿の惑星 シーズン2」と表現したりもした。

サルの今回の乱闘劇の原因に対して「暑さが増して神経戦を行った」という推測があったものの、専門家たちはエサをめぐる争いだとみている。新型コロナでエサを手に入れることが難しくなったためだ。

政府の獣医師は「観光客がくれるエサに慣れたサルが自らエサ探しできる空間がない状況」としながら「観光客の足が途絶えて(エサを食べられない)サルが攻撃的になり、生存のために人の家に乱入するなどの行動を取っている」と明らかにした。

4月から新型コロナの再拡大で困難を強いられているタイは防疫に集中している。タイ政府は13カ所の新型コロナ危険地域に移動制限、夜間通行禁止に加えて封鎖措置も取ることにした。

このような状況のため、エサにありつけないサルの民家襲撃も増えている。22日現地メディア「タイガー」はロッブリーのある住宅の監視カメラにはサルが家に侵入して冷蔵庫を開いて食べ物を盗む様子が捉えられたと報じた。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기