본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国重量挙げスターの張美蘭、ほっそりした姿に「花の美貌」賛辞

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

2008年北京オリンピック(五輪)重量挙げ75キロ級で張美蘭(チャン・ミラン)が金メダルを確実にして喜んでいる。[写真 北京=五輪写真共同取材団]

韓国重量挙げの伝説的スターで元国家代表の張美蘭(チャン・ミラン)の最近の姿がネット上で話題になっている。

最近、オンライン掲示板には「オリンピック(五輪)金メダリスト張美蘭の近況」というコメントと共に写真2枚が投稿された。

写真の中の眼鏡をかけた姿からは世界新記録を打ち立てた現役時の威厳はどこにも見られない。筋肉は落ちて体重が減り、張美蘭選手ということを知らずに見ると別人だと思うほどだ。よく注意して見てようやく目鼻立ちの中から以前の面影を捜し出すことができる。

張美蘭は現役当時、女子重量上げ無制限級で活躍した。選手時は115キロ前後の体重を維持していた。2008年北京五輪ではスナッチ、ジャーク、スナッチ+ジャークすべてで世界新記録を樹立して金メダルを独占した。張美蘭は世界選手権で優勝を4回し、2012ロンドン五輪でも銅メダルに輝いた。

2013年に引退してからは選手の時とは異なる献立で自然に体重を落としていったことが分かった。

写真を見た人々は「ローズランの美貌が見える」「選手時代はかっこよかったが、今は美しい」「五輪のときの感動は今も忘れられない」「どう見ても別人」などさまざまな反応を寄せた。

現在、張美蘭は龍仁(ヨンイン)大学教授と張美蘭財団の理事長を務めている。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기