본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国市民団体「英国の韓国旅行ガイドブック、韓国人侮辱…歴史わい曲」

ⓒ 中央日報日本語版
英国旅行ガイドブック「ラフガイド(ROUGH GUIDES)」が最近発刊したガイドブック「ザ・ラフ・ガイド・トゥ・コリア」が韓国人を侮辱して歴史をわい曲したという主張が出てきた。

韓国を発信する民間団体「バンク(VANK)」はこのガイドブックを分析した結果、性別と地域を差別する内容をはじめ韓国と韓国人への侮辱、歴史と文化わい曲など36カ所で問題を発見したと6日、明らかにした。

このガイドブックで「大邱(テグ)のりんご女性たち(Daegu’s Apple Girls)」というタイトルに「ソウルで時間をちょっと過ごしたことのある人なら大邱に住む女性たちがソウルの女性に比べて少なくとも数年遅れた服を着ていることが分かるあろう。これは大邱の古い保守主義の断面を如実に見せる部分の一つだ」と記されている。

また、ガイドブックには「ほとんどの韓国武術は中国、あるいは日本から始まったものなどから変形されたものだ。広く知られているテコンドーは中国・唐から由来し、三国時代に韓国ならではの変形を経て韓国の有名な輸出品の一つになり、オリンピック(五輪)の種目になった」という説明が入った。

この他にも「1876年江華島(カンファド)条約以降から現在まで韓国は主に外勢が操縦する船になった」「韓国は依然として地球上で最も同質的な社会の中の一つで、『隠遁王国』の跡が残っている」などの内容が書かれている。

バンクは出版社に韓国に関するミスやわい曲、侮辱の内容を正してほしいという抗議の書簡を発送した。世界最大規模のオンライン署名サイト「Change.org」にも掲載して出版社の自省を促している。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기