본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

モデルナ「米国の外にワクチン供給遅延…短期的調整が避けられず」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

モデルナのコロナワクチン

韓国政府が今月中に米国製薬会社モデルナ社から導入することにした新型コロナワクチン200万回分が来月に先送りされた。モデルナの欧州製造工程に問題が発生しながらだ。

米国製薬会社モデルナは27日(現地時間)、米国の外にあるワクチン生産パートナーが最近数日間発生した実験室試験作業上の問題のために供給遅延を経験していると明らかにした。

ロイター・ブルームバーグ通信によると、モデルナはこの日、電子メールの声明を出してこのような問題のせいで海外市場への新型コロナワクチン供給が遅くなっていると説明した。

モデルナのコリーン・ハッシー報道官は「われわれはワクチンをさらに早く配送するために『安全在庫』(一時的供給難などに備えた追加的な予備在庫物量)さえ備蓄することができずにいる」として「ワクチン配送計画の重要性を認識して各国政府と緊密に接触するだろう」と話した。

モデルナは海外生産パートナーが具体的にどのような問題にぶつかったのか、多数のパートナーの中でどの会社で問題が発生したのかなど詳しい説明はしなかった。モデルナ製ワクチンの原液はスイスのロンザが生産し、瓶詰(ワクチンの原液を最終製品で作る過程)はスペインのロビーが担当する。

ハッシー報道官はこのような問題は現在解決された状態だが、今後2~4週間米国以外のワクチン配送で「短期的な調整」が避けられないと明らかにした。

同時に、「モデルナと生産パートナーは(配送遅延の)影響を受けたすべての国にかけて今回の供給不足を最小化するために協力している」とハッシー報道官は付け加えた。影響を受けた国々を具体的に言及することはなかった。

この日の声明は韓国コロナ19予防接種対応推進団がモデルナから生産支障問題で7月供給予定物量の日程調整が避けられないという通知を受けたと明らかにしてから発表された。

これに先立って、中央事故収拾本部のチョン・ウンギョン・ワクチン導入事務局長はメディアブリーフィングで「今回の生産管理問題はわが国に限って適用されるのではなく、該当製造所の生産分を受ける国に共通して適用される問題」と話した。

韓国はモデルナと年内4000万回(2000万人)分のワクチンを受けることに購買契約を締結し、この中で110万回分が到着した。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기