본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

中国に見せつけるように…米国、台湾にモデルナワクチン250万回分支援

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

5日午前、米国からヤンセン製ワクチン101万人分が韓国に到着した。[写真 共同取材団]

米国のジョー・バイデン政府は19日(現地時間)、台湾にモデルナワクチン250万回分を送ったと明らかにした。今月初めの台湾を訪問したタミー・ダックワース上院議員など米代表団を通じて提供を約束した75万回分の3倍を超える物量だ。

米国務省のネッド・プライス報道官はツイッターに「われわれが寄付したワクチン250万回分が台湾に向かっている」とし「米国と台湾の保健衛生パートナーシップは台湾や世界の人々の生命を救う」と書いた。米政府高位級当局者は、ワクチンを載せた台湾チャイナエアラインの飛行機が19日にテネシー州メンフィスを出発して台湾現地時間20日午後台北桃園国際空港に到着する予定だと伝えた。

これはバイデン大統領が先月世界に無償供与すると発表したワクチン8000万回分の一部だ。米国が今月初めに韓国に送ったヤンセンワクチン100万回分と同じだ。ただし、韓国には接種が1回で完了する「ウイルスベクター(伝達体)」方式のヤンセンワクチンを、台湾には接種が2回必要な「メッセンジャーリボ核酸(mRNA)」方式のモデルナワクチンをそれぞれ提供した点が異なる。

米国は最近メキシコにもヤンセンワクチン130万回分を送った。米国が台湾に送ったワクチンは125万人分で、人口2300万人の約5%をカバーすることができる。ロイター通信は米国のワクチン供与は、最近中国の政治的・軍事的圧迫を受けている台湾を支援しようとする狙いがあるとみている。台湾は現在まで1回以上ワクチン接種が完了しているのは人口の6%にすぎない。ロイターは、台湾がドイツビオンテックからワクチンを購入することにした契約が今年失敗に終わったが、台湾政府は中国の圧力のためだったと主張していると伝えた。台湾が米国自動車製造業者などの製品生産に不可欠な半導体チップなど戦略物資の核心生産基地という地位が反映された可能性がある。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기