본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

「平昌冬季五輪金メダリスト」の韓国ショートトラック選手、中国に帰化

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

ショートトラックのイム・ヒョジュンのインタビューが27日にソウル・蚕室のカフェで行われた。イム・ヒョンドン記者

平昌(ピョンチャン)冬季五輪男子ショートトラック金メダリストのイム・ヒョジュン(25)が中国国籍を取得し帰化した。

イム・ヒョジュンのエージェントを務めるプリオンカンパニーは6日に立場文を通じ「イム・ヒョジュンが中国への帰化を決めた。まだまだ選手生活を続けていく時期にそうできない困難と無念さに起因する部分が大きい」と明らかにした。

イム・ヒョジュンは2018年の平昌冬季五輪で、男子1500メートルで金メダル、500メートルで銅メダルを獲得した。しかし2019年6月に鎮川(チンチョン)選手村で代表チーム後輩のズボンを引きずり下ろして身体の一部を露出させた容疑で起訴された。大韓スケート連盟から資格停止1年の懲戒を受けたイム・ヒョジュンはその後大韓体育会スポーツ公正委員会に再審を請求したが思いを遂げられなかった。

イム・ヒョジュンは2020年3月に大韓スケート連盟を相手取りに懲戒無効確認訴訟を起こした。同年11月に強制わいせつ容疑と関連した控訴審で無罪を宣告された。プリオンカンパニーは「イム・ヒョジュンはいわゆる同性後輩セクハラ事件で苦しい時間を過ごし、所属チームと国家代表の活動を全くできないまま2年の時を過ごした。相手選手に謝罪するため努力したが結局刑事告発に至った。本事件は2審で無罪判決を受けたが、検察が再び上告して現在大法院(最高裁)に係留中だ。裁判とスケート連盟の懲戒期間が長引き、イム・ヒョジュンは太極旗(韓国国旗)を付けて五輪に出きたいという夢を続けるのが難しくなった」としてイム・ヒョジュンの中国帰化決心の背景を伝えた。

イム・ヒョジュンは所属事務所を通じ「イム・ヒョジュンは韓国選手として太極旗を付けて北京五輪に出て五輪2連覇の栄光を得たかったが、韓国のどこでも訓練すらできず、スケート選手として再びスケート靴を履いて運動する方法だけ悩んできた」と伝えた。

現在中国ショートトラック代表チームは平昌五輪で韓国代表チームを指導したキム・ソンテ監督が総監督を務めており、ビクトル・アン(アン・ヒョンス)がコーチとして合流した。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기