본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

【社説】選手の死を呼んだ韓国体育界の人権侵害、もう根絶すべき

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
いつまでこのような悲劇を見なければいけないのか。トライアスロン韓国代表だったチェ・スクヒョン選手が監督やトレーナーの過酷な行為に絶えられず極端な選択をし、体育界の慢性的な人権侵害がまた俎上に載せられた。1年前に沈錫希(シム・ソクヒ)ショートトラック選手の「#MeToo暴露」などで、指導者による選手(性的)暴行や成績万能主義による体罰の日常化のような暴力的文化を正そうという声が高まっているが、何も変わっていないことが如実に表れた。果たして体育界の自浄意志があるのかも疑問だ。当時、文化体育観光部と国会は先を競って反人権的体育文化の改善を約束したが、口ばかりだったため国民の怒りはさらに強まっている。

チェ・スクヒョン選手は所属する慶州(キョンジュ)市庁チームの監督や「チームドクター」と呼ばれる運動処方士から多くの暴行、暴言を受けた。関係機関に何度かSOSを送ったが、どうにもならなかった。2月から体育界の上級機関の大韓トライアスロン協会、大韓体育会スポーツ人権センターのほか、慶州市庁、慶州警察署などに被害を申告したが、積極的に対応したところは一つもなかった。チェ選手は極端な選択をする前日、国家人権委員会に陳情して「罪を明らかにしてほしい」という文字メッセージを残した。2018年の平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)女子カーリングで銀メダルを獲得した「チーム・キム」のメンバーは同年11月、「指導者から暴言を受け、賞金も与えられなかった」と暴露した。昨年1月にはショートトラック女子国家代表だった沈錫希(シム・ソクヒ)選手、女子柔道のシン・ユヨン選手がコーチから常習的に性的暴力を受けたと暴露した。当時、政府は不正の根絶と対策の準備を約束した。文化体育観光部はスポーツ革新委員会を設置し、暴力事件が発生する合宿所の廃止など学校スポーツ正常化案を発表した。当時、エリート体育システムの弱化を懸念して最も強く反対したのが大韓体育会だ。大韓体育会は本当に人権侵害を根絶する意志があるのかどうか疑わしい。沈錫希選手への加害者を擁護するような発言で辞任要求を受けた李起興(イ・ギフン)大韓体育会長は定款を改めて再選を果たした。

体育界の慢性的暴力文化・人権侵害は、体罰をしてでも成績さえ良ければよいという成績万能主義、人脈と学縁で団結してお互い黙過する文化などが作用した結果だ。不正の告発があっても加害者が特に処罰なく復帰する悪循環も多い。今回の事件以降、慶州市庁チーム内の他の被害選手の証言が出ている。わずかな疑惑もなく全貌を明らかにして厳罰に処する必要がある。よりいっそう根本的、かつ実効性のある再発防止対策も急がれる。新しく施行される「運動選手保護法」はチームドクターのような関係者には法的根拠がなく、過酷行為の根絶は難しいという指摘がある。今回も政界は一斉に再発防止を叫んでいる。「死しか答えはない」と感じた崔選手の犠牲が無駄になってはいけない。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기