본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

文大統領の支持率40%、過去最低に近づく

ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版
文在寅(ムン・ジェイン)大統領に対する国政支持率が就任後の過去最低値(8月第2週39%)に近づいた。

世論調査会社の韓国ギャラップが24-26日、全国18歳以上の成人1005人を対象に調査した結果、大統領職務遂行に対する肯定的な評価は先週より4ポイント低い40%だったと27日、明らかにした。否定的な評価は45%から48%に上昇した。

文大統領の国政運営を批判的に評価した回答者のうち26%は不動産政策を理由に挙げた。経済および民生問題(10%)、秋美愛(チュ・ミエ)法務部長官-尹錫悦(ユン・ソクヨル)検察総長の対立への沈黙(5%)などが後に続いた。来年の再・補欠選挙については政府を牽制するために野党候補が多く当選すべきという意見が50%にのぼった。一方、与党候補が多く当選すべきという回答は36%にとどまった。

特に中道層では57%が野党の勝利を望み、与党の勝利を望む回答(34%)を大きく上回った。野党候補を支持する世論は補欠選挙が行われるソウル(57%)・釜山(56%)で目立った。

今回の調査は電話調査員のインタビュー形式に行われた。応答率は17%で、標本誤差は±3.1%ポイント(95%信頼水準)。

関連記事

この記事を読んで…

政治 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기