본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

防弾少年団「明け方4時に便りを聞いて7時まで泣いた」「次の目標はグラミー賞単独舞台」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

防弾少年団(BTS)がビルボード「ホット100」の1位を記念して2日、オンライングローバルメディアデーを開いた。[写真 Big Hitエンターテインメント]

「見ている(ビルボード)ページが本当に事実なのか疑われました。良いメンバー、会社、スタッフ、ARMY(ファンクラブ)に出会えて可能な成果だと思います。大きすぎる誕生日プレゼントを頂きました」(ジョングク)

初めての英語シングル『Dynamite』で米国ビルボードシングルチャート「ホット100」の1位にのぼった防弾少年団が2日、オンライングローバルメディアデーを通じて記者らに伝えた感想だ。韓国時間で1日午前3時20分まで待って一番初めて便りを伝えたというRMは「喜ばすぎずに早く眠るべきだと思いましたが、一緒に練習室で叱られた昔のことが思い出しました」とした。

午前4時ごろ、便りを聞いて7時まで泣いて眠ったというジミンは「『私たちもやればできるんだ』とたくさん話しました。私たちが守ってきたこと、したいこと、そしてしていたことがありますが、そのすべてが認められて補償された感じ」とした。

メンバーはデビュー以来の旅程を顧みた。大邱(テグ)出身のヴィは「7年前、父と上京してタクシーに乗りましたが、詐欺にあったこともあります」として「私たち皆故郷から手ぶらで来て宿舎生活しながら狭い地下の練習室に集まってダンスや歌を熱心に練習していた記憶がまだ生々しいです。つらかったことがすべて良い思い出に残りました。一番良い賞をもらったような気分」と話した。ジェイホープは「多くの新人グループの間で目立つために頑張ることしか術がなかったです」と語った。

防弾少年団は2018年5月アジア歌手で初めてビルボードアルバムチャートのトップになって以来4回連続で1位を獲得したが、大衆性の指標になるシングルチャートの成績は比較的に振るわなかった。ラジオ放送回数など伝統媒体項目で点数が少なかったためだ。RMは『Dynamite』が米国大衆を動かしたという国内外の評価に対してこのように語った。「私たちがずっとたたいてきた地点があると考えます。それは歌う時や踊る時、舞台裏の姿である時もありました。もちろん、真心が常に通じるわけでも補償されるわけでもないが、着実に語ってきたことや音楽、パフォーマンスが通じたと考えます。言語的な部分もあり、ディスコポップのジャンルが口ずさみやすくて。今のような時期に大きなメッセージなく単に楽しられるのがよかったと思います」。

これに先立ち、ビルボード・ミュージック・アワードやアメリカン・ミュージック・アワード、MTVビデオ・ミュージック・アワードなど米国の主な音楽授賞式で相次ぎ本賞を受け、最も保守的とされるグラミー受賞の可能性も大きくなった。2018年5月シュガが明らかにしたビルボードの二大チャート1位、グラミー授賞式出席、スタジアムツアーなどの目標をすべて達成した。シュガは「年初グラミー賞でコラボの舞台を披露したが、今度は単独舞台に立ってみたいです。賞も受ければ良いが、グラミー賞舞台で防弾少年団の曲を歌いたいです」と明らかにした。RMは「いつものようにやってきた公演が新型肺炎でいつ可能になるか分からない、非現実的な夢になってしまいました」として「野外広場で多くの方々を迎えて祭りのような公演ができたら良いでしょう」とした。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기