본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

防弾少年団ジョングク熱愛説に所属事務所「事実無根」…法的対応を考慮

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版

防弾少年団メンバーのジョングク[韓国ニッカンスポーツ]

防弾少年団(BTS)ジョングクの熱愛説に対して所属事務所が「事実無根」という立場とあわせて法的対応を示唆した。

所属事務所Big Hitエンターテインメントは17日、「現在、SNSやオンラインコミュニティを中心に流布している当社アーティスト、ジョングク関連の主張は事実でないことを明らかにする」とコメントした。

所属事務所によると、ジョングクは今年の夏休みに巨済島(コジェド)を訪問した。普段から仲良くしているタトゥーショップの知人も現地訪問中であることを知ったジョングクは彼らと会い、一緒に食事をして団体でカラオケにも行った。

所属事務所はこのような説明とあわせて「この内容が歪められて伝わった」としながら「アーティストの長期休暇期間にあった個人的な日常が歪められて伝わったことに対して遺憾に思う」と話した。

続いて「防犯カメラの内容の流出および不法撮影などに関して確認後、個人情報流出およびプライバシー侵害に対しては法的に強力に対応して虚偽事実流布時にも例外なく法的な対応を取る方針」と明らかにした。

これに先立ち、あるオンラインコミュニティに「防弾ジョングクとは知らず追い出した友人」という投稿が写真とともに掲載された。

この投稿文には「友人が巨済で店をしているが、身分証がないからと言ってそのまま帰した」という内容と防犯カメラの画面キャプチャーも添付された。

写真にはある男性が女性をバックハグしている様子が写っている。写真の中の男性が「防弾少年団のジョングクではないのか」という推測とあわせて熱愛説が浮上した。

また、該当文が拡散する過程でラッパーのHash Swan(ハッシュ・スワン)とヘアスタイルが似ているとし「ハッシュスワンではないのか」という別の推測も提起された。

これに対してハッシュ・スワンはSNSを通じて自分ではないと明らかにして、一部のジョングクファンと舌戦を繰り広げた。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기