본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

防弾少年団-SEVENTEENが同じ事務所に…Big Hitの生存戦略

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版

防弾少年団

韓国トップボーイズグループの防弾少年団(BTS)とSEVENTEEN(セブンティーン)が同じ事務所で活動する。Big Hit(ビッグヒット)エンターテインメントがPledis(プレディス)エンターテインメントを買収して巨大企業になった。

Big Hitは最近Pledis株を取得して最大株主の地位を確保した。PledisはSMエンターテインメントで歌手BoA(ボア)のマネジャーなどの経験があるハン・ソンス代表が2007年に設立した企画会社で、ソン・ダムビやナナ、AFTERSCHOOL(アフタースクール)、ORANGE CARAMEL(オレンジキャラメル)、NU’EST(ニューイースト)、SEVENTEENなどのK-POPスターを輩出した。PledisはBig Hit合流後も独立的に運営される予定で、Pledis所属歌手はBig Hit専門事業法人のシステム的な支援を受けることになる。

両所属事務所の合併は韓国を超えて日本や中国、北米などの各国の関心を引き出した。SEVENTEENとNU’ESTなどの活動歴を注目した記事も各国の言語で報じられた。Big Hitの企業公開(IPO)に関心を示した外国経済紙では、今後予想される防弾少年団の入隊ブランクに対して突破口になるだろうとも展望した。K-POPファンの反応も熱かった。日本最大の検索ポータル「Yahoo!」の関連ニュースには「Big Hit エンターテイメントはあらゆる面で(日本と)次元が違う。今の日本には残念だがBIG HITに追いつく事務所はない。韓国は長期間かけてアーティストを育てるシステムが出来ている事がすごい。このコロナの厳しい状況でもどこまで発展するのか、とても楽しみ」というコメントがつけられた。そのほかにも「btsもセブチも好きなので嬉しいです。似てるようで似てなくて…似てないようで似てるみたいな感じがします」「バンタンとセブチ、共にダンスや作詞作曲に対する考えが熱いもの同士でこれからが楽しみです」などの反応を示した。

Big Hitは先立ってGFRIENDが所属するSOURCE MUSIC(ソースミュージック)を傘下レーベルに組み入れながら事業構造の多角化を進めてきた。GFRIEND、SEVENTEEN、NU’ESTなどすでに安定した成果を出しているグループを合流させながら安定的に企業を拡張している。また、SMエンターテインメントのミン・ヒジン元理事をブランド総括(Chief Brand Officer)に迎え入れて新しいガールズグループのデビューを準備中で、CJ ENMと提携したボーイズグループのオーディション「I-LAND」はMnetで6月26日の初放送を控えている。

イーベスト投資証券は19日の報告書を通じてBig HitのPledis買収時、「現在90%を超えた防弾少年団依存度が75%まで有意に即刻減じることが可能だ。Pledisの今年1-3月期・10-12月期の営業利益は前年同期比46%増となる197億ウォン(約17億円)だ。両社合併時、営業利益は1200億ウォンに迫り、Big Hit新人グループのTOMORROW X TOGETHER(トゥモローバイトゥギャザー)まで加われば、現体制下で防弾少年団の依存度を70%未満に落としてしまうことも可能」と分析した。特級ラインナップを確保したBig Hitは「マルチレーベル体制でより一層強力になった。名実共に国内最高水準の男性グループラインナップを備えることになった」と明らかにした。Big Hitは「Pledisの合流はマルチレーベルの持続的な拡張と専門事業領域(360、IP、プラットフォーム)の高度化を通じてシナジー創出を追求するBig Hit企業戦略の一環」と説明した。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기