본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

<サッカー>韓国代表、1-4でスペインに敗れる…後半に連続失点

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版

31日(日本時間)、スイス・ベルンでスペインと親善試合を行った。写真は前半44分にゴールを決めた金斗?(キム・ドゥヒョン)。

世界最強の壁は高かった。韓国サッカー代表チーム(FIFAランキング31位)は31日(日本時間)、スイス・ベルンでスペイン(1位)と親善試合を行い、1-4で敗れた。

前半12分、フェルナンド・トーレス(チェルシー)に先制ゴールを許した韓国は、前半44分、金斗炫(キム・ドゥヒョン、警察庁)のゴールで同点に追いついた。

しかし韓国は後半8分にシャビ・アロンソ(レアル・マドリード)、11分にサンティアゴ・カソルラ(マラガ)、34分にアルバロ・ネグレド(セビーリャ)に連続ゴールを奪われて崩れた。スペイン戦の対戦成績はこれで2分け3敗となった。

韓国は6月9日にカタールとの2014ブラジルワールドカップ(W杯)アジア最終予選第1戦を控え、守備組織力の補完という課題を抱えることになった。

チェ・ガンヒ代表チーム監督は国内組がKリーグの日程で合流が遅れたため、海外組中心のベスト11を組んだ。4-2-3-1フォーメーションで池東源(チ・ドンウォン、サンダーランド)がトップに入り、廉基勲(ヨム・ギフン、警察庁)と孫弘敏(ソン・フンミン、ハンブルク)、南泰煕(ナム・テヒ、レクウィヤ)が第2線に配置された。

具滋哲(ク・ジャチョル、アウクスブルク)と金斗炫(キム・ドゥヒョン、警察庁)がダブルボランチ、フォーバックには朴柱昊(パク・チュホ、バーゼル)、李正秀(イ・ジョンス、アルサド)、趙容亨(チョ・ヨンヒョン、アル・ラーヤン)、崔孝鎮(チェ・ヒョジン、尚州)が入った。金鎮鉉(キム・ジンヒョン、セレッソ大阪)は腰を痛めた鄭成竜(チョン・ソンリョン、水原)の代わりにGKに入った。

韓国は前半中盤までスペインの短く巧みなパスに苦しみ、前半12分に先制ゴールを許した。ベニャ・エチェバリア(レアル・ベティス)が左サイドから上げたクロスを、トーレスが絶妙に頭で方向を変えてゴールにつながった。李正秀と趙容亨がトーレスを完全に逃した。韓国はその後もオフサイドラインを調整できず何度か失点危機を迎えたが、金鎮鉉のファインセーブで追加失点を免れた。

韓国は前半20分、得点にはならなかったが孫弘敏(ソン・フンミン)のミドルシュートで流れを変えた。そして前半44分、スペインDFがゴール前でクリアし損ねたボールを金斗炫がすかさず豪快なミドルシュートで決め、同点に追いついた。

1-1で前半を終えた韓国は後半、連続失点して崩れた。2失点はともにハンドの反則からだった。

韓国は後半6分、ナチョ・モンレアル(マラガ)のシュートがDF趙容亨の手に当たってPKを与えた。スペインはアロンソがこれを決めて2-1と再びリードした。

韓国は後半11分、またも金斗炫のハンドでアーク左側付近でFKを許した。カソルラのシュートはジャンプした韓国選手の壁の下を通ってゴールに転がり込んだ。

韓国は李東国(イ・ドングク、全北)、金致佑(キム・チウ、尚州)らを投入して反撃を狙ったが、後半34分、ネグレドに4失点目となるゴールを奪われた。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기