본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

<サッカー>もう一度見たい、10年前のこの姿…あす韓国-スペイン戦

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

サッカー韓国代表は10年前のように‘無敵艦隊’スペインに勝てるのか。李天秀(イ・チョンス、14番)、崔真?(チェ・ジンチョル、4番)、黄善洪(ファン・ソンホン、18番)、朴智星(パク・チソン、21番)ら2002韓日ワールドカップ(W杯)メンバーが、スペインとの準々決勝でPK戦の末に4強進出を決めた後、歓呼している。

欧州組が突破し、中東組が防ぐ。‘世界最強’スペインと対戦する韓国サッカー代表チームの対策だ。

韓国代表は31日午前3時(日本時間)、スペインと親善試合を行う。来月9日に行われるカタールとの2014ブラジルワールドカップ(W杯)最終予選第1戦を控えた模擬試験だ。

クウェートとのW杯3次予選の最終戦(2-0勝利)で国内組を起用したチェ・ガンヒ代表チーム監督は、今回、海外組を集めた。26人のエントリーのうち海外派が11人(欧州5人、中東3人、日本3人)だ。ベスト11も7、8人は海外組になる見込みだ。

欧州舞台を経験した池東源(チ・ドンウォン、21、サンダーランド)と孫弘敏(ソン・フンミン、20、ハンブルク)が攻撃の責任を担う。朴主永(パク・ジュヨン、27、アーセナル)は代表チームから抜け、李東国(イ・ドングク、33、全北)はリーグ試合に出場し、遅れて代表チームに合流したからだ。

池東源が意欲的な姿を見せている。所属チームで19試合に出場、先発では2試合にとどまったが、ビッグリーグでの経験をこの試合に生かすという意気込みだ。朴主永の背番号10番を付けてプレーする池東源は「まだ自分は(エースの象徴の)10番を受ける資格はない。負担なくやりたい」と述べながらも、「大きな舞台で直接ぶつかって、向上したところを見せたい」と語った。代表チーム最年少の孫弘敏も独ブンデスリーガで2シーズンをプレーして実力をつけた。

中東組の李正秀(イ・ジョンス、32、アルサド)、趙容亨(チョ・ヨンヒョン、29、アル・ラーヤン)はスペインの攻撃を防ぐ。2人は許丁茂(ホ・ジョンム)監督が率いた2010南アフリカW杯でセンターバックとして呼吸を合わせた。W杯が終わった後、両選手は実力が認められ、ともにカタールに進出した。

しかし代表チームでは悲喜が分かれた。趙広来(チョ・グァンレ)監督が指揮官になった後も李正秀は変わりなく代表チームの主力を守ったが、趙容亨は呼ばれなかった。昨年のアジアカップ以降は姿が見えなかった。

チェ・ガンヒ監督が就任したことで、趙容亨はまたチャンスをつかんだ。チェ監督は「クウェート戦にも趙容亨を呼びたかったが、日程が合わなかった」とし「非常に賢い選手。試合運びだけでなく、攻撃への転換などさまざまな面で知能的なプレーを見せる」と称賛を惜しまなかった。李正秀は「趙容亨とはカタール・ドーハで隣に住んだりもした。一緒に組むうえで問題は全くない」と語った。

スペインはFCバルセロナとビルバオの選手が抜けた1.5軍で構成される。それでも強敵であることは変わらない。チェルシーのフェルナンド・トーレス(28)がトップに入り、マンチェスター・シティのプレミアリーグ優勝に貢献したダビド・シルバ(26)がプレーメーカーを務める。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기