본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

北朝鮮、農繁期に新型コロナパンデミック…「大規模の餓死発生を懸念」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

北朝鮮の国旗 平壌写真共同取材団

韓国専門家はオミクロン株ウイルスが弱いというが、現在北朝鮮の防疫および医療体系では致命的になり得ると懸念を示す。死亡者の急増はもちろん、感染増加と封鎖によって食糧問題が悪化して餓死につながる恐れがあるという見方もある。

北朝鮮には集計に入っていない多数の「隠れた感染者」がある可能性が大きい。脱北者出身の国民の力の太永浩(テ・ヨンホ)議員は「基本的に保健設備が劣悪で、すべての地方に新型コロナを診断できるシステムや診断キット、インフラがないので発表よりはるかに多くの感染者がいるだろう」と話した。

北朝鮮はPCR検査体系を備えていない。発熱の有無で新型コロナの感染が疑われる者を分類する。北朝鮮保健医療専門家である漢陽大医大のシン・ヨンジョン教授は「北朝鮮は現在、一日に約120件のPCR検査を行っていると世界保健機関(WHO)に報告している」とし「今のように数万、数十万人が発生する状況ではその程度の対応力では対処できないため、結局発熱の有無で把握するしかない」と説明した。

太議員は「現在の北朝鮮は移動を制限し、接触の機会を統制する高強度の封鎖政策の他には選択の余地がない」と話した。北朝鮮は2020年1月中国で新型コロナが発生した時、すでにすべての国境を閉じた。

何より死亡者が大きく増えるだろうという懸念の声が上がる。北朝鮮はワクチン接種率が「ゼロ(0)」に近い。

ソウル大学医科大学統一医学センターのムン・ジンス所長は「北朝鮮はワクチン接種をしなくて重症発生率が高いだろう」とし、「わが国は集中治療室で治療した末に死亡するが、北朝鮮は保健医療インフラが劣悪で重症に進めば死亡を防ぐことが難しいだろう」と話した。

ヒューマン・ライツ・ウォッチのユン・リナ首席研究員は「多くの北朝鮮住民は慢性的な栄養失調に苦しめられて予防接種を受けられずにいる。薬品もほぼなく、保健インフラはこの感染病を扱う能力がない状況」と話した。在米獣医病理学者のキム・インジュン氏は「ロックダウン、または感染者の急増によりただでさえ不足する食糧問題が農繁期の労働人口の不足、経済活動の低下によってややもすると今より飢餓状態がさらに深刻化し、大規模の餓死につながる可能性がある」と懸念を示した。

北朝鮮にワクチンを支援することが難しいという分析が出ている。ムン・ジンス教授は「北朝鮮にファイザー・モデルナのようなmRNAワクチンを支援しても低温状態を維持しながら配送するコールドチェーン体系がなく、そのワクチン支援は難しい。それを支援するためには冷凍車両・油を含んでコールドチェーン体系をパッケージで支援する必要があるが、国連制裁と衝突する恐れがある」と話す。

北朝鮮の状況が思ったより悪くない可能性もあるという分析もある。亜洲(アジュ)大学保健大学院のイ・ヨハン教授は「北朝鮮で『保健』は(体制維持)手段なので人民の健康・生命・生活の質のために危機感を感じないだろう」とし、「封鎖・隔離・消毒3つという北朝鮮式の防疫だけでも自由自在にコントロールできるだろう」と分析した。同時に、「今回の新型コロナ関連の大々的な発表も体内宣伝や米国を狙った北核問題に関連して何かを勝ち取ろうとする手段だろう」とし、「国際社会や韓国側に支援を求める意図はないだろう」と分析した。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기