본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

北朝鮮でコロナ発生か…金正恩委員長が激怒「防疫怠慢で重大な事件発生」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長

北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長が新型コロナウイルス防疫部門で重大な事件が発生したとして幹部の無能と無責任を叱責した。

朝鮮中央通信は30日、「朝鮮労働党中央委員会政治局は、一部の責任幹部の職務怠慢行為を重大に取り扱い、全党的に幹部革命の新たな転換点をもたらすために6月29日、党中央委員会の本部庁舎で拡大会議を招集した」と報道した。

金委員長は拡大会議を主宰しながら「責任幹部が世界的な保健危機に備えた国家非常防疫戦の党の重要決定の実行を怠ることによって、国家と人民の安全に大きな危機を醸成する重大事件を生じさせた」と批判した。続けて「重大課題の貫徹にブレーキをかけ、妨げる重要因子は、幹部の無能と無責任感」としながら、「現在、幹部の根深い無責任感と無能力こそ、党政策の実行に人為的な難関を生じさせ、革命事業の発展に莫大な阻害を及ぼす主たるブレーキ」と繰り返し批判した。

また、政治局常務委員会委員と政治局委員、候補委員を召還・補欠選挙し、党中央委員会秘書も召還・選挙した。ただ具体的な人事内容は明らかにしなかった。

金委員長はまた、「仁徳政治と包容政策は決して、幹部のためのものではなく、平凡な勤労人民大衆に該当する政策。活動する真似をするだけで心から国と人民を心配せず、地位維持をする幹部をかばう権利が絶対にない」と強調し、幹部に対する強い統制と処罰の原則を明らかにした。

金委員長は「幹部の中で現れる思想的欠点とあらゆる否定的要素との闘争を全党的にいっそう力強く繰り広げる。今こそ、先鋭に提起される経済問題を解決する前に、幹部革命を起こすべき時」とも話した。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기