본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

「尹錫悦殺人請負“共同購入”できないか」相次ぐオンライン投稿に対して内偵捜査着手=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

韓国次期大統領の尹錫悦(ユン・ソクヨル)氏が21日午前、ソウル鍾路区通義洞(チョンノグ・トンウィドン)大統領職引継委員会事務室で経済6団体のトップと昼食会に臨んでいる。[写真 国会写真記者団]

韓国親与志向のオンライン掲示板に投稿された次期大統領の尹錫悦(ユン・ソクヨル)氏に対する「請負殺人」掲示文を巡り、警察が内偵捜査(立件前の調査)に着手した。

21日、警察によると、警察庁は複数のオンライン掲示板に尹氏請負殺人を謀議した掲示文作成者に対する内偵捜査に入った。該当事件はソウル警察庁サイバー捜査隊1隊に割り当てられ、公職選挙法および刑法による脅迫容疑がそれぞれ適用することができると警察はみている。

最近、これら掲示板には「5月9日前に請負殺人を雇用したい」「どうか募金して尹錫悦の請負殺人をお願いしたい」「請負殺人雇用の募金をすれば40万ウォン(約3万9300円)出す」「請負殺人は男性基準でフィリピンは600万ウォン、マレーシアは270万ウォン」「フィリピン請負殺人30万ウォンだ。30万人が1ウォンずつ集めて依頼すれば30万人全員が殺人教唆罪なるのか」などのコメントが掲示された。

このようなコメントは第20代大統領選挙結果が確定した10日から掲示板に拡散していて問題になっていた。一部ネットユーザーは該当の掲示文を情報・捜査機関に申告していた。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기