본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

尹氏の『竹槍歌』批判に韓国与党代表「日本、われわれに屈服」…チョ氏は『竹槍歌』FB再掲載

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

宋永吉民主党代表

韓国与党「共に民主党」の宋永吉(ソン・ヨンギル)代表が30日、2年前の日本輸出規制とこれに対する韓国内の不買運動を取り上げて「文在寅(ムン・ジェイン)大統領が『絶対に負けない国を作る』というスローガンの下にすべての企業が参加して、今では日本がむしろわれわれに屈服するような現象を作った」と話した。

宋代表は慶尚南道昌原(キョンサンナムド・チャンウォン)にある慶南道庁で開かれた予算政策協議会で「2年前の7月6日は日本が突然韓国に対して半導体部品などに対する輸出統制を始めた日」と述べた。

このような発言は、前日に尹錫悦(ユン・ソクヨル)前検察総長が大統領選挙出馬記者会見で述べたことを意識した発言とみられる。

尹氏は尹奉吉(ユン・ボンギル)義士記念館で開かれた記者会見で、韓日関係改善方案に対する日本NHK記者の質問に「外交は実用主義、実事求是、現実主義に立つべきだが、理念偏向的な竹槍歌を歌ってここまで来た」としながら「いまの韓日関係は修交後で最も劣悪になり回復が不可能になるほど壊れた」と答えた。

尹氏は実用主義や実事求是、現実主義などを強調し、宋代表は「屈服」という強力な単語を使った点は、尹氏と与党圏の外交観の間に横たわる隔たりを端的に示している。

宋代表は「当時、保守報道機関や野党は『文大統領が扱い方を間違った』『大韓民国の経済が滅びさせた』としながら、早く安倍首相に謝って韓日関係を復元させろと大騒ぎした」としながら「昨日、尹錫悦前検察総長も我々に対して韓日関係の悪化を非難したが、われわれ大韓民国はやり遂げた。2年の間に国民が共に成し遂げた偉大な成果」と話した。

チョ・グク前法務部長官もこの日、「尹錫悦さんの歴史意識のない大統領選挙出馬宣言に接して再び掲載する」としてフェイスブックに再び『竹槍歌』をシェアした。

チョ氏は輸出規制措置で葛藤が深まった2019年に『竹槍歌』をフェイスブックでシェアしたことがある。

チョ氏は「日本政府と類似の歴史意識に驚愕する」と書き添えた。

あわせて「2019年7月13日に竹槍歌を投稿した人間として、尹錫悦さんに聞かないわけにはいかない」とし「貴下は2012年および2018年の大法院(最高裁)の強制徴用労働者判決に同意するか。貴下は日本政府が引き起こした経済戦争を文在寅政府または韓国大法院のせいだと考えているのか。貴下は2年間の韓日貿易戦争以降、韓国企業の技術自立化水準は高まり、全体的に見て韓国が勝利したという評価が出てきていることに対してどう思うのか」続けた。

共に民主党の李洛淵(イ・ナギョン)前代表もフェイスブックを通じて「その部分(竹槍歌)で自分の目を疑った。その歴史認識の浅はかさが、そのような妄言を尹奉吉記念館でできる無感覚が衝撃的」とし「心が千々に乱れる」と尹氏を批判した。

関連記事

この記事を読んで…

政治 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기