본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国与党大統領候補「日本の独島領有権糾弾…10・25『独島の日』の国家記念日指定を検討」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

李在明

韓国与党「共に民主党」大統領選候補の李在明(イ・ジェミョン)氏は22日、「日本のとんでもない独島(トクド、日本名・竹島)領有権主張を厳しく糾弾する」と明らかにした。

李氏はこの日午後、フェイスブックを通じて「日本の独島領有権は歴史歪曲(わいきょく)に基づいた厳然な挑発であり、帝国主義侵略戦争に伴う占領地の権利を主張するもの」と強調した。

続いて「2月22日の今日は日本が主張するいわゆる『竹島の日』」としながら「歴史的にも地理的にも国際法上でも独島は明白な大韓民国の領土」と繰り返し強調した。

あわせて「『独島は大韓民国の完全な主権回復の象徴で、どのような費用と犠牲が伴っても決して諦めたり妥協したりできない問題』という故盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領の言葉に全面的に同意する」とした。

李氏は「日本の独島領有権は侵略国の地位を回復しようとする迷妄に捕われた時代錯誤的行為だ。直ちに中断することを厳しく警告する」とした。

続いて「その延長線で10月25日『独島の日』を大韓民国の国家記念日に指定することを積極的に検討したい」とし「世界に誤って伝えられた独島の情報を変えるために積極的に役割を果たしているVANK(バンク)など独島を守り知らせる市民団体の支援も強化する」とした。

李氏は「日本は最近、佐渡金山の国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界文化遺産登録を推進し、歴史歪曲を試みている」とし「日本は自身のこのような行動が決して未来志向的な韓日関係に役立たない点をはっきりと知るべきだ。韓日関係発展のために努力はするが、不当な野心には決して目をつぶらない」と強調した。

また「これまで以上に準備ができたリーダーが必要だ。他人が書いた原稿を読んでいては問題を解決することはできない」とし「外国の首脳を説得することができる明快な哲学と知恵を備えたリーダーだけが懸案を賢く解決することができる」と支持を訴えた。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기