본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

<北京五輪>チーム・キム、スイスに敗れ…メガネ先輩ベスト4入りに赤信号

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

韓日戦で勝利した後、カメラに向かって投げキッスをするキム・ウンジョン。

アルプスは高かった。「チーム・キム」は「世界最強」のスイスを超えることができなかった。

韓国女子カーリング国家代表「チーム・キム〔江陵(カンヌン)市役所〕」は16日、北京国立アクアティックセンターで開かれた2022年北京五輪カーリング女子予選7回戦でスイスに4-8で惜しくも敗れた。8エンドまで4-4で接戦だったが、9エンドと10エンドに各2点許した。

今回の大会は10カ国が1度ずつ対戦するラウンド・ロビン方式で、上位4チームがベスト4トーナメントに進出する。今、日本に勝ってベスト4行きの火種を守った韓国は、残り3試合を全勝すればベスト4入りが有力な状況だった。しかし、この日の敗北により3勝4敗に留まった韓国は、ベスト4入りの可能性に赤信号が灯った。

同日午前に合計3試合が行われたが、カナダは米国を7-6で破り、4勝3敗となった。米国は4勝4敗に留まった。英国は中国に4-8に抑えられ、4勝4敗に留まった。スイスは7勝1敗で単独首位を疾走し、早くもベスト4入りを確定させた。2位はスウェーデン(5勝2敗)、共同3位のカナダと日本(4勝3敗)、共同5位の英国と米国の順だ。韓国は共同6位から7位に落ちた。

韓国は同日午後9時5分にデンマーク戦、17日にスウェーデンとの最終戦を残している。崖っぷちに追い込まれた韓国は、2試合をいずれも勝ってから、競争チームとの勝敗、勝率、ドローショットチャレンジ(DSC、ラストストーンドローの平均値)を競わなければならない。一般的に大会で6勝3敗を収めるとベスト4入りすることができ、5勝4敗を記録しても競争チームと同点になると勝率、DSCなどで判断し、ベスト4入りする場合もある。

スイスは現在、世界最強チームだ。世界選手権大会の優勝チームで、今大会の中間順位1位だ。韓国は最近、スイスに2-10で負けるなど3連敗した。韓国は金恩貞(キム・ウンジョン、スキップ)、金善英(キム・ソンヨン、リード)、金超喜(キム・チョヒ、セカンド)、金敬愛(キム・ギョンエ、サード)が出場した。スイスはシルバナ・ティリンツォーニがスキップを務め、アリナ・ペーツが最後の投球を担った。

アイス探索戦を繰り広げた1エンドはブランク・エンドとなった。ハウス内にストーンがなく、両チームとも無得点処理となり、スイスの後攻が維持された。2エンドは韓国に不利な先攻だったが、1点を取り「スチール(先攻で得点)」に成功した。金恩貞がストーンをはじき出し、スイスのミスを誘発した。

3エンドに1点を許した韓国は4エンドに金恩貞の最後のショットで1点を得て2-1とリードした。しかし、5エンドに後攻となったスイスが巧みな戦略を繰り広げた。金恩貞の最後のストーンが弱かった。スイスのペーツが後ろにあった韓国のストーンをはじき出し、3点を取った。6エンドでスイスが厳しい状況を作ったが、金恩貞が最後のショットで確実に「1番」を作り1点追い上げた。

韓国は7エンドで再び1点スチールに成功し、4-4と勝負をスタート地点に戻した。金恩貞がうまくガードした。ペーツがショットミスしたのに続き、最後のドローも長かった。スイスは8エンドをブランク・エンドに持ち込み、後攻を維持した。

9エンドでストーンを3つずつ残した中、韓国はタイムアウトを取った。最後にスイスのストーン2個、韓国のストーン1個がボタン付近に位置していた。ティーとストーン間の距離を精密に測定する道具の「メジャー」を使用し、スイスの2得点が認められた。4-6に突入した10エンドで韓国は2点以上獲得が必要な状況だった。しかし、スイスが巧みな競技運営を繰り広げ、韓国を圧迫した。金恩貞の最後のショットが外れ、メジャーを使用してスイスの2得点が認められた。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기