본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国合同参謀本部「江原道東部戦線で1人越北…生死確認できず」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
新年初日の1日、江原道(カンウォンド)の東部戦線の軍事境界線(MDL)の鉄柵を通じ韓国国民と推定される1人が北に行く状況が発生したと合同参謀本部が2日に明らかにした。

合同参謀本部関係者はこの日、「きのう(1日)午後9時20分ごろ東部戦線非武装地帯(DMZ)内で身元不明の1人を監視装備で確認し身柄確保のために作戦兵力を投じてDMZ作戦中に該当人員が午後10時40分ごろMDLを越えて北に行ったのを確認した」と話した。

続けて「韓国国民に対する保護次元からけさ(東海地区軍通信線を通じ)北朝鮮への通知文を発送した」と付け加えた。

越北者の生死は現在まで確認されておらず、北朝鮮軍の特異動向は現在までないと付け加えた。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기