본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

賭博疑惑の長男、今度は入試疑惑…韓国与党大統領選候補「勉強は本当によくできた」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

韓国与党「共に民主党」大統領候補の李在明(イ・ジェミョン)氏。[写真 国会写真記者団]

韓国与党「共に民主党」大統領候補の李在明(イ・ジェミョン)氏が長男ドンホ氏に対する入試不正疑惑に対して「勉強は本当によくできた」と言って否定した。

李氏は27日、KBS(韓国放送公社)時事トーク番組『ザ・ライブ』のインタビューで、野党「国民の力」が提起した息子の入試不正疑惑に「一般選考であり、3つの分野で1等級が条件だった」と明らかにした。

続いて「高校に行って確認してみれば分かることで、高麗(コリョ)大学に聞いてもらってもいい」とし「(根拠なく疑惑を提起するのは)国民の判断を曇らせる重大犯罪」と説明した。

息子の賭博疑惑に関連しては「すでに警察が捜査に着手していると聞いている」とし「当然捜査を受けなければならない」と話した。また「息子も成人なので、自分の行為に責任を負うと言って猛省している」と付け加えた。

李氏は最近、大庄洞(テジャンドン)開発疑惑捜査を受けて亡くなった故キム・ムンギ城南(ソンナム)都市開発公社開発第1処長に対し、李氏が知事だったときに直接表彰状を授与したなど、過去の行跡に基づいて李氏がキム処長を知らないという主張は偽りだという国民の力の主張については「表彰状を数百人に授与したが、彼ら全員をどのように覚えていることができるというのか。無意味なことで私を嘘つきに仕立て上げようとしている」と反論した。

李氏は朴槿恵(パク・クネ)前大統領の赦免(恩赦)に対する立場が最近変わったという司会者の指摘には「(立場が)変化したというよりも、責任を負うための仕方ない立場だと見てほしい」としながら「〔文在寅(ムン・ジェイン)大統領の〕苦悩を理解する」と述べた。

李明博(イ・ミョンバク)元大統領の赦免に対しては依然と反対の立場を見せた。李氏は「私はひとまず(赦免)反対」とし「朴前大統領と李元大統領を見る国民の目が違うようだ。国民の立場を考慮せざるを得ない」と説明した。

李氏は多住宅者譲渡税重課猶予方針に関しては「避けられない」という立場を示した。李氏は「譲渡税を70%、80%負担させた場合、どのように売却するのか」としながら「尹錫悦(ユン・ソクヨル)国民の力候補は今(譲渡税を)なくすという。そうすれば尹候補が当選するだけで、政権交代だけを待って家を売らないだろう」と指摘した。

続いて「私が当選するか、あるいは政権が交代して新しい大統領が選ばれた後まで先送りするのではなく、今すぐにでも物件が出てこないといけない」とし「短期間に機会を与えて一時的に脱出する機会を与えようというものだ」と付け加えた。

関連記事

この記事を読んで…

政治 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기