본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓日議員連盟朝鮮通信使委員会議員、5日間訪日…「両国関係解決法摸索」

ⓒ 中央日報日本語版
韓日議員連盟傘下の朝鮮通信使委員会に所属する与野党の議員が今週日本を訪問し韓日関係改善案を模索する。

15日の国会によると、朝鮮通信使委員会委員長を務める野党「国民の力」所属の鄭鎮碩(チョン・ジンソク)国会副議長と国会外交統一委員会野党幹事である金碩基(キム・ソクキ)議員、朴振(パク・チン)、成一鍾(ソン・イルジョン)、李チョル圭(イ・チョルギュ)議員と、与党「共に民主党」の金栄珠(キム・ヨンジュ)議員の6人が16日から20日まで5日間の日程で日本を訪問する。

与野党の議員は18日に衆議院会館で開かれる朝鮮通信使委員会合同会議に参加し日本側委員らと交流する。また、17日と19日にはそれぞれ中川正春運営委員長、細野豪志議員と面談する予定だ。このほか在日本大韓民国民団との懇談会、在日僑胞との懇談会などもする予定だ。

鄭鎮碩国会副議長は「韓日関係の発展や平和は自然に得られるものではない。朝鮮通信使の経験と歴史を教訓にして相互尊重の精神を固めていくならば現在の両国関係解決策を見いだすのに多くの示唆点を得られるものと信じる」と話した。


関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기