본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国野党議員「2人のうち1人、負けたらへ監獄行きになる韓国大統領選挙…不正容疑者同士対決」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

洪準杓(ホン・ジュンピョ)氏

韓国野党「国民の力」の議員で、先の同党の大統領予備選で敗れた洪準杓(ホン・ジュンピョ)氏が「次期大統領選挙局面が『夕陽のガンマン』のようになりつつある」とし「2人のうち1人は監獄に行かなければならない、壮絶な大統領選挙」と明らかにした。洪氏は8日、SNSに文章を載せて「“泥仕合”の大統領選挙からどうか“生き残る”大統領選挙になるようお願いしたい」と明らかにした。

洪氏は予備選の結果が発表された5日、「白衣従軍」を宣言した。その後、6日にはSNSで「史上初めて検察が主導する不正疑惑大統領選挙には参加するつもりはない」と立場を明らかにした。これに対して政界の一角からは「ワンチーム」基調が不安定なのではないかという観測が出てくると、洪氏は「大統領選挙組織に入らなければ『ワンチーム』になれないのか」と主張した。

洪氏はこの日、SNSで「選挙組織はまるでプレハブ組織のようだ」とし「勝つか負けるかして選挙が終わればちりぢりに散るのは同じ」と綴った。続いて「不正容疑者同士が対決する非常識大統領選挙になって誠に残念だ」とし「しかしそれも党員と国民の選択なので仕方ない」と突いた。

洪氏は別の文章を通じて「民心で圧勝し、党心で敗北した予備選」とし「それが選挙のルールだったので一言の反論なく承服した」と強調した。さらに「ぜひ大統領選挙は、民心の100分の1にもならない党心で戦おうという考えは捨て、民心に従っていく党心になってほしい」とつけ加えた。

関連記事

この記事を読んで…

政治 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기