본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

サムスン5Gフォン「東欧ショック」…衝撃の3位、シャオミが1位に

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

ギャラクシーZフォールド3とギャラクシーZフリップ3 [写真提供=サムスン電子]

サムスン電子が東欧の第5世代(G)スマートフォン市場で「衝撃の3位」となった。欧州で攻勢を見せる中国シャオミと昨年末に最初の5Gフォンを発売した米国アップルに市場シェアを20%以上も奪われた結果だ。

市場調査会社ストラテジー・アナリティクス(SA)によると、7-9月期の東欧5Gスマートフォン市場でサムスン電子はシェア11.5%で3位だった。1年間にシェアが22.8%減少した。

その間、シャオミがトップに浮上した。シャオミの7-9月期のシェアは41.8%と、前年同期の4.3%から37.5%ポイントも増えた。シャオミは4-6月期、欧州スマートフォン市場でもシェア25.3%で1位になった。

昨年10月に最初の5GフォンiPhone12を発売したアップルは、同じ期間にシェアが0%から26%に増え、同地域で2位になった。中国のリアルミー(真我、7.2%)、ワンプラス(2.5%)がそれぞれ4、5位だった。

中国ファーウェイが強かった東欧市場にシャオミが注力したのがこうした結果につながったと分析される。SAの首席アナリストは「シャオミはファーウェイの不在とRedmi note 9T 5G、Mi11 5Gのような高品質の低価格5G製品をうまく活用している」と説明した。続いて「シャオミは中部・東部欧州で今年トップを維持している」とし「来年の5Gスマートフォン出荷量もトップを守るだろう」と予想した。

サムスン電子の5Gフォン市場での苦戦は他の地域に広がる可能性が高い。SAによると、アップルを除いた5Gスマートフォン市場でサムスン電子はシェア16.5%で4位だった。アップルを含めると事実上5位だ。

カウンターポイントリサーチによると、市場が拡大している中価格(200-399ドル)5Gフォン市場でもサムスン電子は4-6月期のグローバルシェアが8%と、Vivo(30%)、OPPO(23%)、シャオミ(16%)に続いて4位だった。

関連記事

この記事を読んで…

経済 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기