본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

タリバン「韓国との経済協力希望…合法的政府と認められることを望む」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
アフガニスタンを掌握したイスラム武装勢力のタリバンが韓国などから合法的な政府と認められることを望むと聯合ニュースが23日に報道した。

タリバンの対外広報窓口である文化委員会所属幹部のバルキ氏はこの日聯合ニュースとのショートメッセージなどを通じたインタビューで新政権の準備状況などを明らかにし、「われわれは韓国だけでなく全世界からアフガニスタンの合法的な代表政府と認められることを希望する」と話した。

バルキ氏は、今回のインタビュー内容が過去1996~2001年の執権期の国号である「アフガニスタン・イスラム首長国」の公式立場だと強調した。彼は、文化委員会は他国政府の公報文化部の役割をすると説明した。

バルキ氏は17日のムジャヒド報道官の初の公式記者会見の際に同席していた。これに先立ち聯合ニュースは15日にタリバンがアフガニスタンの首都カブールを掌握し政府の降伏を引き出すと、報道官であるザビフラ・ムジャヒド氏とスハイル・シャヒン氏を通じて公式の立場を聞いている。

バルキ氏は「アフガニスタン国民は長い間続いた戦いと大きな犠牲の後に外国の支配から抜け出し自己決定権を持つことになった。韓国政府がアフガニスタンの未来の政府と厚い関係を結ぶことを望む」と話した。

彼は特に韓国との経済交流に大きな関心を見せたという。

バルキ氏は「アフガニスタンにはリチウムなど手つかずの鉱物資源が豊富だ。韓国は電子製造業分野で世界をリードする国で、アフガニスタンとともに互いの利益のため協力することができる」と説明した。続けて「われわれは韓国の指導者や経営者と会うことを望んでおり、経済的・人的交流を強化することを強く望む」と付け加えた。

CNNは最近、アフガニスタン全域に埋蔵されている鉄、銅、金などの鉱物をはじめレアアースと充電用バッテリーに使われるリチウムなどの価値が1兆ドルに達すると伝えた。

バルキ氏はタリバンが2007年にアフガニスタン駐留韓国軍のユン・チャンホ下士官を爆弾テロで失わせ、同年には韓国の教会のボランティアメンバー23人を拉致しこのうち2人を殺害した事件に対しては、「自決権によりわれわれの権利を防御するほかなかった」と主張した。

過去に韓国関連機関で勤めたという理由で出国を制限され安全を脅かされている現地の人たちに対しては、「われわれは外国人と仕事をしたすべての人に赦免令を出した。われわれは彼らが去らず国の発展に尽くすことを望むが、去ることを望むならばそれは彼らの選択だ」と述べた。

このほかにも「北朝鮮と交流しているか」という質問には「ない」と答え、「手首切断など残酷な刑罰体系を持っているのではないか」という指摘には「われわれの法は神聖な宗教から始まった」と答えた。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기