본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

広島弁護士会「NHKのツイッター企画、在日韓国人への差別助長」

ⓒ 中央日報日本語版
広島弁護士会は1945年広島原子爆弾投下の状況を伝えるためにNHK広島放送局が運営したツイッターアカウントの一部掲示文に対して「放送事業者の対応では極めて不適切で、結果的に(在日韓国人に対する)差別的行動を誘発、助長した」として改善を求める要望書をNHK広島放送局に18日、提出した。

これに先立って、NHK広島放送局は1945年にツイッターがあったと仮定し、当時中学1年生少年などが広島原爆投下前後の状況を伝える形式で「1945ひろしまタイムライン」というタイトルで昨年3月から投稿してきた。

ところが、中学生少年の仮想のツイートに朝鮮人に対する偏見をあおる内容が投稿されて論議を呼んだ。例えば、昨年6月16日「1945年6月16日」と仮定した投稿では、「朝鮮人の奴らは『戦争は直ぐに終わる』『日本は負ける』と平然と吐きだす」という少年の発言を書き込んだ。

これを受け、在日本大韓民国民団中央本部人権擁護委員会と在日朝鮮人総連合会は広島弁護士会に人権救済を求めた。弁護士会がNHKに差別を助長する意図をもって投稿を発信したとまではいえないが、在日韓国人を誹謗・中傷する内容が多数含まれたと認めた。

NHK広島放送局はこの指摘に対して「要望を真摯に受け止め、引き続き再発防止のための対策を徹底していく」とコメントした。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기