본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

ブースターショットも独り占めする先進国…「英国、ファイザー製3500万回追加注文」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

ファイザー製ワクチン

英国政府が来年秋の3回目の接種(別名「ブースターショット」)に備えてファイザー製ワクチン3500万回分を注文し、まもなく発表する予定だとタイムズが11日(現地時間)報じた。

タイムズはこのような注文はファイザーがワクチン価格を引き上げた後に締結され、価格は約10億ポンド(約1531億円)になるだろうと伝えた。今回の決定はブースターショットなしでは英国で来年より多くの新型コロナ封鎖(lockdown)が続く恐れがあるという懸念のためという。

また、欧州連合が今後2年間同じ量を再び購入できる条件で、ファイザー製9億回分量を注文し、追加のワクチン物量を確保しなければならないという危機感が英国政府内で大きくなったとタイムズは説明した。

ファイザー製ワクチンの価格は今回の注文で1回接種分当たり既存の18ポンドから22ポンドに5分の1程度が上がったことが分かった。英国はブースターショットでアストラゼネカでないファイザーを選んだ。

しかし、タイムズは実際政府が公表すれば論議を呼ぶものと予想した。英国で50歳以上にブースターショットが必要なのか不明だからだ。また、一部では先進国の3回接種よりまだワクチンが配布されていない開発途上国に先にワクチンが提供されるべきだという批判の世論もある。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기